2018年02月23日

300-160問題集、300-160参考書、300-160試験対策、300-160学習材料、300-160受験体験記

300-160は短期間学習でpassできる試験です。
CCNP Data Center資格に受かるための勉強法を紹介します。
PassexamのCCNP Data Center資格300-160問題集を使用すると、試験に合格するのを助けるために最善を尽くします。
弊社のCCNP Data Center資格300-160参考書を使用すると、ほとんど受験する人は3日ぐらい專門の知識を勉強することができます。
真実なCCNP Data Center資格300-160問題集を提供することに力を尽くしています。
弊社のCCNP Data Center資格300-160試験対策を使用すれば、あなたは良い準備と完全な知識構造を持っている必要があります。
弊社のCCNP Data Center資格300-160学習材料を使用すると、短期間でも習得することができます。

300-160受験体験記には、下記のとおりです

1.基本的にはPassexamだけでも合格ラインに到達します

2.Passexamだけで充分という印象を受けました

3.難易度はPassexamよりも問題が多かったでした。

試験番号:300-160 DCID
試験名称:Designing Cisco Data Center Unified Computing
関連資格:CCNP Data Center
試験時間:90 分
問題数:60 ~ 70 問
試験言語:英語
試験登録:Pearson VUE

CCNP Data Center資格300-160試験では、シスコのデータセンター インフラストラクチャの設計に関する知識が問われます。

CCNP Data Center資格300-160試験には、導入要件のほか、ネットワークの接続性、インフラストラクチャ、ストレージ ネットワーク、コンピューティングの接続、コンピューティング リソース パラメータの各オプションが含まれます。

300-160試験がカバーする出題分野ならびに各分野の試験問題数に占める割合を以下に示します。

1.0 データセンターのネットワークの接続性の設計  24%
2.0 データセンター インフラストラクチャの設計  21%
3.0 データセンター ストレージネットワークの設計  21%
4.0 データセンターのコンピューティングの接続の設計  19%
5.0 データセンターのコンピューティングリソース パラメータの設計  15%

弊社のCCNP Data Center資格300-160問題集は出題範囲が決まっているので、効率よく覚えれば短期間でも勉強できるのです。
弊社のCCNP Data Center資格300-160試験対策は独学でもほとんどの分野は理解することが可能です。
最新のCCNP Data Center資格300-160テキストはPDF版及びソフト版を提供します。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
ソフト版:真実のCCNP Data Center資格300-160試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
300-160問題と解答を暗記して挑むよりしっかり理解して挑んだほうがいいと思います

1.You must use one logical uplink for Fibre Channel traffic and Ethernet traffic on a Cisco UCS system.
Which type of port should you use to accomplish this task?
A. FCoE storage
B. server
C. FCoE uplink
D. uplink
Answer: C
Explanation:
Server and Uplink Ports on the Fabric Interconnect
Each fabric interconnect has a set of ports in a fixed port module that you can configure as either server
ports or uplink Ethernet ports. These ports are not reserved. They cannot be used by a Cisco UCS
instance until you configure them. You can add expansion modules to increase the number of uplink ports
on the fabric interconnect or to add uplink Fibre Channel ports to the fabric interconnect.
You need to create LAN pin groups and SAN pin groups to pin traffic from servers to an uplink port.
Each fabric interconnect can include the following types of ports:
Server Ports
Server ports handle data traffic between the fabric interconnect and the adapter cards on the servers.
You can only configure server ports on the fixed port module. Expansion modules do not include server
ports.
Uplink Ethernet Ports
Uplink Ethernet ports handle Ethernet traffic between the fabric interconnect and the next layer of the
network. All network-bound Ethernet traffic is pinned to one of these ports.
By default, Ethernet ports are unconfigured. However, you can configure them to function in the following
ways:
Server
Uplink
FCoE
Appliance
You can configure uplink Ethernet ports on either the fixed module or an expansion module.
Uplink Fibre Channel Ports
Uplink Fibre Channel ports handle FCoE traffic between the fabric interconnect and the next layer of the
network. All network-bound FCoE traffic is pinned to one of these ports.
By default, Fibre Channel ports are uplink. However, you can configure them to function as Fibre Channel
storage ports. This is useful in cases where a Cisco UCS requires a connection to a Direct-Attached
Storage (DAS) device.
You can only configure uplink Fibre Channel ports on an expansion module. The fixed module does not
include uplink Fibre Channel ports.

2.Which statement accurately describes the configuration requirements for disjoint Layer 2 networks on
Cisco UCS?
A. The Cisco UCS fabric Interconnect must be in switch mode.
B. The VLAN IDs must overlap in both Layer 2 domains.
C. All of the uplinks most be in one port channel to keep all of the ports active.
D. The Cisco UCS Fabric Interconnect must be in end-host motto.
Answer: D

3.Which two options are reasons to use Layer 3 routing to segment a data center instead of Layer 2
switching? (Choose two)
A. limit the scope of Spanning Tree Protocol
B. simplify design
C. ease of routing protocol configuration
D. limit the scope of broadcast flooding
E. cost
Answer: C, D

4.Which two options represent an access layer solution designed to accelerate server virtualization, that
is managed just like other network devices in the data center? (Choose two)
A. MPIO
B. host vPC
C. VEM
D. VSS
E. VSM
Answer: C, E
Explanation:
When server virtualization is implemented, the edge of the network is pushed from the traditional location
in the network access layer, implemented in physical switches, to the virtual network access layer that is
implemented in software in the server hypervisor. The Cisco Nexus 1000V Switch is an intelligent virtual
network access layer switch that runs Cisco NX-OS Software, Cisco's data center operating system that
runs on all Cisco data center products. Operating inside the Microsoft Hyper-V hypervisor, the Cisco
Nexus 1000V supports Cisco Virtual Network Link (VN-Link) server virtualization technology to provide:
Policy-based virtual machine connectivity
Mobile virtual machine security and network policy
Nondisruptive operating model for your server virtualization and networking teams
When server virtualization is implemented in the data center, servers and virtual machines are not
managed the same way as physical servers. Server virtualization is treated as a special deployment,
leading to longer deployment time, with more coordination needed among server, network, storage, and
security administrators. With the Cisco Nexus 1000V, you have a consistent networking feature set and
configuration and provisioning model for both the physical and the virtual networks. Virtual machine
networks can use the same network configuration, security policy, diagnostic tools, and operating models
as physical server deployments that are connected to physical switches. This unified approach provides
faster deployment and troubleshooting and makes the administration of virtualization environments
essentially the same as for nonvirtualized deployments.
Developed in close collaboration with Microsoft, the Cisco Nexus 1000V Switch is certified by Microsoft
and integrates with Microsoft Windows Server and Microsoft System Center Virtual Machine Manager
(SCVMM). You can use the Cisco Nexus 1000V to manage your virtual machine connectivity with
confidence in the integrity of the server virtualization infrastructure.
Cisco Nexus 1000V Switch Components
Cisco Nexus 1000V Switches have two main components:
Virtual supervisor module (VSM)
Virtual Ethernet module (VEM)
The VSM provides the switch control and management plane, and the VEM provides the data plane for
the switch (Figure 1). The VSM can run as a virtual machine on any Microsoft Hyper-V host or as a virtual
service node on the Cisco Nexus 1010 and 1110. The VEM runs as a plug-in (extension) to the Microsoft
Hyper-V switch in the hypervisor kernel, providing switching between virtual machines.
Cisco Nexus 1000V sees the VSMs and VEMs as modules. In the current release, a single VSM can
manage up to 64 VEMs. The VSMs are always associated with slot numbers 1 and 2 in the virtual chassis.
The VEMs are sequentially assigned to slots 3 through 66 based on the order in which their respective
hosts were added to the Cisco Nexus 1000V Switch.

5.Which two platforms support the FCoE protocol? (Choose two)
A. Cisco Nexus 2332TQ Series
B. Cisco MDS 9148S Series
C. Cisco Nexus 7010 Series
D. Cisco MDS 9222i Series
E. Cisco Nexus 2248TP Series
Answer: A, C






posted by 猫さん at 16:21| Comment(0) | Cisco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

E20-920の勉強方法はどのようにされましたか?

EMCCA認定E20-920試験では、クラウドおよびITaaS環境での堅牢なクラウドサービスの計画と設計に必要な知識とスキルに焦点を当てます。
E20-920の勉強方法はどのようにされましたか?
E20-920受験したら、参考した問題集はPassexamを勧めします。
PassexamのEMCCA認定E20-920問題集と同じ問題が出るので、完璧にしておくことをおすすめします。
弊社のEMCCA認定E20-920勉強資料で1日ほど勉強すると、試験に合格できます。
弊社のEMCCA認定E20-920学習材料の正答率を90%以上に上げることが必要です。
弊社のEMCCA認定E20-920参考書を勉強すれば、十分合格できると思います。
弊社のEMCCA認定E20-920トレーニング資料は完全な購入費用を返金することを保証します。

EMCCA認定E20-920受験体験記には、下記のとおりです

Passexamの問題集を常に98%ぐらい取れるようにひたすら。

E20-920試験概要:

試験名称:Cloud Services Expert Exam for Cloud Architects
試験時間:90分
問題数:60問
合格ライン:60

Dell EMCは、試験準備のための知識を評価するための無料の練習テストを提供しています。 練習テストでは、監督された試験で見つかるトピックや質問のタイプに精通することができます。 練習テストの結果は、あなたがプロキュアド試験のためにどのように準備されているかの1つの指標を提供し、さらに勉強して訓練する必要があるトピックを強調表示することができます。

弊社のEMCCA認定E20-920テキストでもしっかり勉強すれば合格できます。
弊社のEMCCA認定E20-920過去問を選択すると、1年で無料アップデートを提供しています。
最新のEMCCA認定E20-920試験資料を勉強したら、受験時は試験範囲を出題されることを発見することができます。
弊社のEMCCA認定E20-920問題集を勉強したら、1回だけ問題を解きました。

EMCCA認定E20-920試験がカバーする出題分野ならびに各分野の試験問題数に占める割合を以下に示します。

ITの変革とクラウドサービス(10%)
技術企画(30%)
ガバナンスの計画、セキュリティ、および信頼(18%)
財務計画(10%)
組織計画(10%)
サービスの創造と管理(15%)
クラウドサービスの新興動向(7%)

合格点が80%と非常に高いので、弊社のEMCCA認定E20-920勉強資料を完全にマスターし苦手分野を克服すれば、ぎりぎり合格点に届くと思います。
弊社のEMCCA認定E20-920テキストを使用すると、受験料も高いだけに気持ち的には楽に受けられます。
実際のEMCCA認定E20-920試験問題のすべてが含まれて、それだけでも試験に受かることができます。
弊社のEMCCA認定E20-920参考書を全て金にすれば合格でき、1回だけ問題を解きます。
君は受験の前に最新のEMCCA認定E20-920無料サンプルを査看してください。

1.A company that provides cloud services has operation processes in place for service delivery. The
following information is desired:
? Measure consumption against available resources
? Track usage thresholds
? Produce usage trending reports
What type of process would provide this information?
A. Incident Management
B. Capacity Management
C. Service Level Management
D. Availability Management
Answer: B
Explanation:
Automated capacity management capabilities offering the ability to track, report and predict capacity
issues.
Reference
https://www.emc.com/collateral/analyst-reports/h14744-state-of-it-transformation-english-financial.pdf?do
mainUrlForCanonical=https%3A%2F%2Fwww.emc.com

2.A company is designing their service catalog. They plan to manage access to offered services based on
the job functions of their consumers. What is this an example of?
A. Role-based access control
B. Single sign-on
C. Security profiles
D. Resource monitoring
Answer: A

3.An IT organization for a medium sized grocery retailer is considering adopting ITaaS. As a first step,
they performed an inventory of all existing IT capabilities to determine the ones that could be offered as
stand-alone services to their lines of business through a service catalog.
As a cloud architect on the IT team, what would you recommend?
A. Patch Management
B. Authentication
C. Network
D. Storage
Answer: A

4.You have been asked by a recently formed DevOps team to qualify the principles for Continuous
Delivery. Which method falls outside the practice of continuous delivery?
A. Use component-based architecture
B. Tie code releases to operational constraints
C. Automate the delivery pipeline
D. Deploy smaller code segments more often
Answer: C





posted by 猫さん at 16:18| Comment(0) | EMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1Y0-340出題範囲、1Y0-340問題集、1Y0-340受験体験記、1Y0-340試験概要、1Y0-340学習材料

ネットワークエンジニアのために設計されたCCP-N資格は、ネットワークのパフォーマンスと最適化のためのCitrix NetScaler 10の実装、管理、最適化するために必要な知識とスキルを有することを証明します。
1Y0-340出題範囲の難易度は難しいです。
1Y0-340試験に合格するために、良い結果を達成するためにPassexamを選択します。
知識ほぼゼロ受験者が、PassexamのCCP-N資格1Y0-340問題集を読むとさすがに合格できるようです。
完全なCCP-N資格1Y0-340試験準備をして、気楽に試験を受かることができるようになります。
弊社のCCP-N資格1Y0-340(Citrix NetScaler Advanced Topics – Security, Management, and Optimization)勉強材料を使用していることを安心することができます。
しっかりと学習し、理解して弊社のCCP-N資格1Y0-340参考書をこなせば合格点に達すると思います。

CCP-N資格1Y0-340受験体験記には、下記のとおりです

試験の難易度はPassexamの問題と同じレベルなので、問題なく合格できると思います。

1Y0-340試験概要:

試験名称:Citrix NetScaler Advanced Topics – Security, Management, and Optimization
試験時間:105分
製品ファミリ:NetScaler
言語: 英語
重点: 技術
受験費用:24000円(税別)

ネットワーキングのバックグラウンドをお持ちで、ネットワークのコアなスキルを取得するために資格をお探しであれば、CCP-N資格は、理想的な出発点です。

弊社のCCP-N資格1Y0-340参考書の内容理解して、問題を丁寧に解いていけば、だれでも合格できる資格だと思います。
弊社のCCP-N資格1Y0-340問題集だけでもちゃんと勉強すれば合格は可能だと思います。
複雑なCCP-N資格1Y0-340(Citrix NetScaler Advanced Topics – Security, Management, and Optimization)問題は出題されるので、1Y0-340試験合格が問題ないと思います。
最新のCCP-N資格1Y0-340学習材料を一通り勉強すれば合格できます。

1Y0-340試験は次のセクションに分かれています:

アプリケーションファイアウォールの概要
アプリケーションファイアウォールのプロファイルとポリシー
正規表現
攻撃と保護
監視とトラブルシューティング
セキュリティとフィルタリング
NetScaler MAS:導入と設定
NetScalerインスタンスの管理と監視
NetScalerの設定の管理
NetScaler Webロギング
統合キャッシング
フロントエンドの最適化
チューニングと最適化

弊社のCCP-N資格1Y0-340テキストはとても良くできていて、しっかりと基本を押さえられます。
弊社のCCP-N資格1Y0-340受験対策を暗記するだけで高得点で合格できます。
弊社のCCP-N資格1Y0-340参考書は試験と同じレベルの問題が出題されてます。
弊社のCCP-N資格1Y0-340試験資料を何回も解いていれば、十分試験に合格できると思います。
弊社のCCP-N資格1Y0-340試験資料を勉強したら、試験に合格するために、一年間の無料更新サービスを提供します。
真実の1Y0-340問題及び解答を提供し、2日ぐらいの強化勉強を通して、1Y0-340試験をパスことができます。

1.Which two security checks invoke sessionization? (Choose two.)
A. CSRF Form Tagging
B. Field Formats
C. Form Field Consistency
D. HTML Cross-Site Scripting
Answer: A,C

2.Which NetScaler Management Analytics System (NMAS) feature can the Citrix Engineer use to convert
configuration tasks performed using the GUI to CLI commands?
A. Master Configuration
B. Inbuilt Template
C. Record-and-Play
D. Configuration Template
Answer: C

3.A Citrix Engineer needs to deploy the NetScaler Management and Analytics System (NMAS) in their
company environment to ensure that NMAS provides uninterrupted operation in all situations.
Which deployment type can meet this requirement?
A. Active-Active High Availability Mode
B. Single-Server Deployment Mode
C. NMAS integrated with Director mode
D. Active-Passive High Availability Mode
Answer: A

4.Which two settings can be used when creating a Cache Content group? (Choose two.)
A. Remove response cookies
B. Set Lazy DNS resolution
C. Expire cookies
D. Use DNS Query
E. Use browser settings
Answer: A,B







posted by 猫さん at 16:15| Comment(0) | Citrix | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする