2016年01月30日

高いレベルの200-310練習問題集の作成に努力しています

シスコの公式サイトによって、CCDA 試験およびトレーニングを改訂しました。CCDA 試験およびトレーニングは v2.0 から v3.0 へ改訂されます。640-864 DESGN 試験終了予定日は2015年12月15日です。200-310は640-864の後継となる試験でです。
CCDA 試験はDesigning for Cisco Internetwork Solutions (DESGN)およびDesigning Cisco Network Service Architectures (ARCH)2 つの内容が含まれます。

DESGNの改訂内容:
現在有効な CCNA Routing and Switching を保有しているか、200-120 CCNA 試験(または100-101 ICND1 および 200-101 ICND2 試験)に合格しており、200-310 DESGN 試験に合格して Cisco Certified Design Associate (CCDA) 認定の取得を目指す受験者が対象です。DESGN 試験で、試験およびトレーニング カリキュラムから除外された内容と、新たに追加された内容は以下のとおりです。受験者は、アソシエイト レベルの試験を受ける前に、専門知識を習得されることをお勧めします。

DESGN 試験から削除された内容:
• 展開中のビジネス トレンドの説明
• ネットワーク管理プロトコルおよび機能の説明
• 企業向けネットワーク アーキテクチャの説明
• セキュリティ上の脆弱性を抑制するシスコ テクノロジーの識別

DESGN 試験に追加された内容:
• シスコの設計ライフサイクルの説明:PBM(計画、構築、管理)
• ネットワークにおける拡張性の重要性とその適用に関する説明
• ネットワークにおける復元力の重要性とその適用に関する説明
• ネットワークにおける障害ドメインの概念の重要性とその適用に関する説明
• 基本的なブランチ ネットワークの設計
• ネットワーク設計における仮想化の概念の説明
• 仮想化可能なネットワーク要素の識別
• データセンター コンポーネントに関する説明
• ネットワーク設計内におけるネットワーク プログラマビリティの概念の説明
新試験 200-310 DESGNはシスコ エンタープライズ ネットワーク アーキテクチャ向けのネットワーク設計に関する基礎知識または入門知識が必要です。CCDA資格を取得したかったら、弊社の問題集の使用は不可欠と思います。
弊社の200-310試験資料を選んだら、あなたがもっと充分の時間で試験に準備できるように、一年間の無料更新サービスを提供します。高いレベルの200-310練習問題集の作成に努力しています。同業の中でそんなに良い地位を取るの原因は弊社のかなり正確な試験の200-310問題と解答そえに迅速の更新で、このようにとても良い成績がとられています。
弊社の200-310受験対策を利用しての勉強のみでも取得は可能で、問題と解答(Q@A)を使って、理解やすいです。


posted by 猫さん at 15:17| Comment(0) | Cisco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CCENT Icnd1認定資格100-101模擬問題集

CCENT Icnd1認定資格についての内容を勉強すればするほどレベルが高くなります。シスコの分野の専門家によって作り上げ、一番適当な価格で提供し、初心者としても認定に合格できます。CCENT 認定は CCNA 認定を取得するための最初のステップです。CCENT認定を取得するために必要なものは弊社の問題集と思います。
100-101 icnd1認定試験は小規模ブランチ オフィス ネットワークの導入、運用、およびトラブルシューティングを行うためのスキルと知識が問われます。弊社の100-101(Interconnecting Cisco Networking Devices Part 1)練習問題はIT専門家グループによって作り上げられて、問題と答えを含み、初心者としては独学できます。弊社の100-101模擬問題集は一年で無料アップデートすることに提供されています。
弊社の100-101試験資料は実践の検査に合格し、広い研究と実際を基づいている経験を提供できます。100-101の試験名称はInterconnecting Cisco Networking Devices Part 1、問題数は40-50 問、問題集の質問数は194となります。弊社の100-101受験対策を使用すれば、専門的な技術を高めるために、最新版を提供します。
100-101無料サンプルの問題と答えと模擬試験があります。
1.Which three statements are true about the operation of a full-duplex Ethernet network? (Choose three.)
A. There are no collisions in full-duplex mode.
B. A dedicated switch port is required for each full-duplex node.
C. Ethernet hub ports are preconfigured for full-duplex mode.
D. In a full-duplex environment, the host network card must check for the availability of the network media
before transmitting.
E. The host network card and the switch port must be capable of operating in full-duplex mode.
Answer: A,B,E
Explanation:
Half-duplex Ethernet is defined in the original 802.3 Ethernet and Cisco says you only use one wire pair
with a digital signal running in both directions on the wire. It also uses the CSMA/CD protocol to help
prevent collisions and to permit retransmitting if a collision does occur. If a hub is attached to a switch, it
must operate in half-duplex mode because the end stations must be able to detect collisions. Half-duplex
Ethernet—typically 10BaseT—is only about 30 to 40 percent efficient as Cisco sees it, because a large
10BaseT network will usually only give you 3- to 4Mbps—at most.
Full-duplex Ethernet uses two pairs of wires, instead of one wire pair like half duplex. Also, full duplex
uses a point-to-point connection between the transmitter of the transmitting device and the receiver of the
receiving device, which means that with full-duplex data transfer, you get a faster data transfer compared
to half duplex. And because the transmitted data is sent on a different set of wires than the received data,
no collisions occur. The reason you don’t need to worry about collisions is because now Full-duplex
Ethernet is like a freeway with multiple lanes instead of the single-lane road provided by half duplex.
Full-duplex Ethernet is supposed to offer 100 percent efficiency in both directions; this means you can get
20Mbps with a 10Mbps Ethernet running full duplex, or 200Mbps for FastEthernet.

2.Which OSI layer header contains the address of a destination host that is on another network?
A. application
B. session
C. transport
D. network
E. data link
F. physical
Answer: D
Explanation:
Only network address contains this information. To transmit the packets the sender uses network address
and datalink address. But the layer 2 address represents just the address of the next hop device on the
way to the sender. It is changed on each hop. Network address remains the same.

3.Which layer of the TCP/IP stack combines the OSI model physical and data link layers?
A. Internet layer
B. transport layer
C. application layer
D. network access layer
Answer: D
Explanation:
The Internet Protocol Suite, TCP/IP, is a suite of protocols used for communication over the internet. The
TCP/ IP model was created after the OSI 7 layer model for two major reasons. First, the foundation of the
Internet was built using the TCP/IP suite and through the spread of the World Wide Web and Internet,
TCP/IP has been preferred. Second, a project researched by the Department of Defense (DOD)
consisted of creating the TCP/IP protocols. The DOD's goal was to bring international standards which
could not be met by the OSI model.
Since the DOD was the largest software consumer and they preferred the TCP/IP suite, most vendors
used this model rather then the OSI. Below is a side by side comparison of the TCP/IP and OSI models.
posted by 猫さん at 15:14| Comment(0) | Cisco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最新のMCSD: SharePoint Applications 70-489試験資料を提供しています

アプリケーション開発は未経験ですか。 入門者レベルの MTA 認定資格の取得を目指しましょう。70-489認定試験に向きの資料はたくさんあり、どの試験資料を使用すればよいですか。弊社の70-489問題集の使用は結構いいと思いますよ。70-489(Developing Microsoft SharePoint Server 2013 Advanced Solutions)の受験者は、SharePoint の機能と、Microsoft Azure や SharePoint Online などのオンライン サービスについても熟知している必要があります。70-489の難易度が高くなるとおもいます。
70-489の受験者は、SharePoint 環境への展開または SharePoint 環境との対話を行うプロジェクトのカスタム コードの開発を担当している方を対象としています。70-489の受験者は、SharePoint 環境への展開または SharePoint 環境との対話を行うプロジェクトのカスタム コードの開発を担当している方を対象としています。
真実の70-489試験と同じ内容、試験タイプ、解答を理解できます。弊社のMCSD: SharePoint Applications 70-489(Microsoft SharePoint Server 2013 応用ソリューションの開発)練習問題を使用すれば、どんな講座に参加しなくでも、試験が一発的に合格することができます。最も良い品質と最新のMCSD: SharePoint Applications 70-489試験資料を提供しています。
弊社のMCSD: SharePoint Applications 70-489練習問題は一年以内無料更新版のサービスを提供いたします。有効的な70-489問題と答えを含まれて、高い試験問題勉強資料を習得できます。
1.You need to configure the external content type to search for research papers.
Which indexing connector should you use?
A. .NET Type Connector
B. WCF Service Connector
C. Custom Connector
D. SQL Server Connector
Answer: B

2.You need to generate document identifiers for each new document that is uploaded to the site.
What should you do?
A. Create a derived class that inherits from the abstract class named
Microsoft.Office.DocumentManagement.Documentld and then override all of the abstract methods.
B. Create a derived class that inherits from the abstract class named
Microsoft.Office.DocumentManagement.DocumentldProvider and then override all of the virtual
members.
C. Create a derived class that inherits from the
Microsoft.Office.DocumentManagement.DocumentldProvider abstract class and then implement all
abstract members.
D. Create a class to implement the Microsoft.Office.DocumentManagement.IDocumentld interface and
then override all of the virtual members.
Answer: B
posted by 猫さん at 15:05| Comment(0) | Microsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする