2016年07月30日

Cisco CCNA Collaboration認定210-065勉強資料

210-065は初心者向けの試験です。
210-065資格試験に合格することを目指していて勉強していますか?
210-065試験では、統合型のシスコ ビデオ インフラストラクチャに各種のシスコ ビデオ エンドポイントを実装するのに必要な知識とスキルをテストします。
Passexamは高速かつ効率的な210-065問題集を提供するために全力を行っています。
弊社の210-065練習問題集を使用すると、試験の準備をするために、高い210-065試験に合格することができます。
弊社の210-065テキストは唯一の合理的な価格を持って、受験者のために多くの時間を節約します。
210-065認定試験情報:
「Implementing Cisco Video Network Devices」 (CIVND) 210-065は試験時間:75分、試験数:55-65問のCisco CCNA Collaboration認定資格に関連する試験です。
Cisco CCNA Collaboration認定210-065(Implementing Cisco Video Network Devices)試験はシスコのさまざまなビジネス向けビデオ ソリューション アーキテクチャにおいて、シスコ ユニファイド コミュニケーションおよびコラボレーション、TelePresence、Digital Media Player を実装およびトラブルシューティングするための受験者の能力をテストします。
210-065出題内容:
1.0 ビデオの概念  21%
2.0 エンドポイントの設定  32%
3.0 トラブルシューティングとサポート  31%
4.0 会議の概念  16%
Cisco CCNA Collaboration認定210-065認定試験は最も実質的な方法に向かって改善していきます。
弊社のCisco CCNA Collaboration認定210-065勉強資料の高品質を知ることができ、一番良いものを選んだということも分かります。
弊社のCisco CCNA Collaboration認定210-065練習問題集を使用すれば、あなたは自信を得ることができて、実際の210-065試験で経験を活かして気楽に合格します。
最新の210-065問題と解答を得られます。

1.Topic 1, Video Concepts
Which four features are provided by Cisco TelePresence Management Suite? (Choose four.)
A. Scheduling of video conference calls
B. Built-in-bridge functionality for multiparty video conferences
C. SIP-H.323 protocol interworking
D. Centralized management of conference resources
E. SMTP email event notification
F. Endpoint configuration backup and restore
G. Cisco TelePresence endpoint automated redundancy
H. Automated resource optimization
Answer: A,D,E,F
2.Management wants to modify Cisco TMS to allow users to configure the call behavior with their
associated devices and dial from a single ID. Which feature needs to be enabled and configured?
A. Smart Scheduler
B. Low-touch Provisioning
C. FindMe
D. CMR Provisioning
Answer: C
3.Which three features are supported by Cisco TMSPE? (Choose three.)
A. Simplified provisioning
B. LDAP user import
C. Scheduling via Microsoft Outlook
D. FindMe
E. Jabber for Windows
F. Automatic endpoint upgrades
Answer: A,B,D
4.Topic 2, Endpoint Configuration
A Unified Communications engineer wants to configure a Cisco TelePresence SX endpoint using static IP
addressing to use a different TFTP server. Which path will allow the engineer to complete this
configuration?
A. Network Services > Network 1 > DHCP RequestTFTPServerAddress > Off
B. Network > TFTP > DHCP RequestTFTPServerAddress > Off
C. Network Services > TFTP > DHCP RequestTFTPServerAddress > Off
D. Configuration > System Configuration > Provisioning > Set the External Manager Address
Answer: D



posted by 猫さん at 10:33| Comment(0) | Cisco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

具体的な70-333試験情報

70-333の難易度はどうでしょうか?
70-333は中級者向け試験ので、難易度が高いです。
70-333試験分野の基礎知識は持っています。
70-333認定試験を勉強したかったら、Passexamの70-333試験のテキストをお勧めします。
弊社の70-333問題集の的中率としては9割ぐらいです。
Passexamの70-333参考書は実際の試験には役立つ知識があります。

具体的な70-333試験情報は下記のとおりです。
試験コード:70-333
試験名称:Skype for Business 2015 によるエンタープライズ VoIP の展開
合格点 : 700点
出題形式 : 単一選択,複数選択,リスト選択(複数),ドラッグ&ドロップ,クリックマップ(画面上をクリックする)
配信開始: 2015 年 7 月 31 日
言語: 英語
テクノロジ: Skype for Business
対応資格: MCSE: Communication
受験料:21103円

70-333受験対象者:
70-333試験の対象者はIT プロフェッショナルです。
70-333試験の受験者は Microsoft のツールを使用した Skype for Business の監視およびトラブルシューティングの方法を把握している必要があります。
70-333認定試験の受験者は Active Directory ドメイン サービス、データ ネットワーク、Skype for Business の構成をサポートする通信規格とコンポーネントに習熟している必要があります。

弊社のMCSE: Communication 70-333学習資料を使用すると、Skype for Business とエンタープライズ VoIP の計画と設計、エンタープライズ VoIP の展開と構成、エンタープライズ VoIP の管理とトラブルシューティングなどの試験内容を習得でき、認定試験に参加するのは初めてである受験者のために非常に必要です。
真実のMCSE: Communication 70-333(Skype for Business 2015 によるエンタープライズ VoIP の展開)試験と同じの出題内容で、受験者は気楽に試験に合格することができます。
最新のMCSE: Communication 70-333試験対策のサブテキストとして使用すれば、問題集は最高です。
MCSE: Communication 70-333問題と解答は試験の全部内容を覆い、1回で試験に合格することを保証します。

You collect the following call statistics for users in Los Angeles:
? Peak call concurrency is 25 percent.
? Fifty percent of all placed calls are routed to the public switched telephone network (PSTN)
? Thirty percent of all placed calls are internal calls to users in the other offices.
? Twenty percent of all placed calls are conference calls.
? The average bandwidth for peer-to-peer calls is 65 kilobits per second (Kbps).
? The average bandwidth used for conference calls is 100 Kbps.
You need to allocate the minimum amount of bandwidth required on the wide area network (WAN) link for
the planned implementation of the voice gateway in the Los Angeles office. All calls to the PSTN will be
routed through the local voice gateway in the Los Angeles office.
How much bandwidth in megabits per second (Mbps) should you allocate?
A. 7.20 Mbps
B. 3.95 Mbps
C. 10.00 Mbps
D. 2.25 Mbps
Answer: A




posted by 猫さん at 16:37| Comment(0) | Microsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C9030-634試験は高得点を狙う際には、PassexamのC9030-634参考書の併用が必要と感じます

C9030-634試験に合格したい場合、どうやって勉強したらいいですか?
C9030-634試験の独学で勉強する際に、PassexamのC9030-634問題集ををお勧めします。
C9030-634試験は高得点を狙う際には、PassexamのC9030-634参考書の併用が必要と感じます。
弊社のC9030-634テキストに出る問題と回答を全部覚えたらいいです。
弊社のC9030-634試験問題集をやっを通して、試験のために非常に自信を持つことになります。

C9030-634認定試験情報:
受験科目:C9030-634
受験名称:IBM z Systems Technical Support V6
対応資格:IBM Certified Specialist - z Systems Technical Support V6
問題数:78
受験時間:120
合格率:62%
試験言語:英語

C9030-634出題項目:
Evaluate and Establish Customer Environment and Plans (16%)
z Systems Features and Architecture (31%)
Apply Information / Installation Planning / Migration Considerations (12%)
Business Resiliency (10%)
Security (6%)
Cloud / Linux (9%)
Business Analytics (10%)
Mobile (6%)

C9030-634(IBM z Systems Technical Support V6)認定試験を行って、職務に合わせる能力を設定して、認証試験の基本としてします。
弊社のIBM Certified Specialist - z Systems Technical Support V6認定C9030-634参考書は一年以内に無料でアップデート版を提供し、一回で合格することを保証いたします。
IBM z Systems Technical Support V6認定C9030-634無料サンプルをダウンロードして試用してもいいです。
1.A retail customer has been using a tool that encrypts data-at-rest with symmetric encryption to meet
PCI-DSS requirements. However they have discovered through an audit that they lack key management
procedures.
Which product can they use to immediately address this procedural gap?
A. CPACF
B. LSMFT
C. RACF
D. EKMF
Answer: C

2.Which is the maximum number of links for each coupling link type supported on a z13 with one CPC
drawer?
A. 20 ICA, 16 Infiniband 12X, 8 Infiniband 1X
B. 20 ICA, 16 Infiniband 12X, 16 Infiniband 1X
C. 20 ICA, 8 Infiniband 12X, 4 Infiniband 1X
D. 20 ICA, 8 Infiniband 12X, 16 Infiniband 1X
Answer: A

3.A customer currently has a zEC12 with one book and is upgrading to a z13.
Left unchanged, which of the following configuration options will require them to purchase a second z13
CPC drawer?
A. 10HCA3-O 12X IFB Links
B. 2 carry forward I/O Drawers and 2 HCA3-O fanouts
C. 20 total processors (Combination of GCPs, zIIPs, IFLs and ICFs)
D. 6 System Assist Processors
Answer: C

4.An IBM z Systems is concerned about the re-occurring costs of the software licenses. A preliminary
analysis suggested they can save money by off-loading workloads from the z Systems to the distributed
platform.
Which is the most suitable group needed to demonstrate to the client they might be making the wrong
choice?
A. The Cloud Center of Excellence
B. The Eagle Team
C. The Oracle Center of Competency
D. The Tiger Team
Answer: B


posted by 猫さん at 16:33| Comment(0) | IBM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする