2017年04月28日

MCSA: Office 365資格70-346受験対策は9割正答できるぐらいまで習熟度を上げます

MCSA: Office 365 認定資格を取得すると、Exchange、SharePoint、Skype for Business など、ビジネス生産性の向上を目的とした Office 365 製品の管理を主に担当する、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) 管理者またはクラウド アプリケーション管理者としての業務をこなすことができるようになります。
受験者は自信満々にMCSA: Office 365資格70-346試験内容を勉強したいですか?
70-346試験合格するだけならPassexamのMCSA: Office 365資格70-346問題集あたりを丸暗記すれば大丈夫です。
弊社のMCSA: Office 365資格70-346勉強資料の使用は試験の合格に必要な知識を習得することができます。
弊社のMCSA: Office 365資格70-346受験対策は9割正答できるぐらいまで習熟度を上げます。
MCSA: Office 365資格70-346受験体験記には、下記のとおりです。

【試験コード】
70-346

【受験日】
2017/04/16

【合格点】
700点

【取得点】
882点

【受験回数】
1回目

【学習期間】
1週間

【問題数】
63

【出題形式 】
単一選択,複数選択,リスト選択(複数),ドラッグ&ドロップ

【試験時間】
150分

【参考にしたテキスト/Webサイト】
mstepオンライン(動画、テキスト※2017.2月更新版)
Passexam問題集

【学習方法】
Passexam問題集をこなしながら、関連サイトで裏付けをとる。
mstepオンラインの動画を1回閲覧し、あとはテキストの「ここがポイント」と前述の問題集を突き合わせ。(問題集との不一致も散見)

【試験の感想】
貴社の70-346過去問を購入した、覚えるだけで合格することができました。
とても助かりました。
また別の試験に活用したいですが、これからもよろしくお願いします。
70-463試験概要:

試験番号:70-346
試験名称:Office 365 の ID と要件の管理
配信開始: 2014 年 2 月 17 日
言語: 英語、中国語 (簡体字)、フランス語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語 (ブラジル)、スペイン語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Microsoft Office 365
対応資格: MCP、MCSA
受験料:21103円
2016 年 6 月 30 日の時点で、MCSA: Office 365資格70-346試験には Office 365 の最新の更新と機能が含まれます。

70-346受験対象者:

MCSA: Office 365資格70-346試験の受験者としては、依存関係、要件、サポート テクノロジも含めた Office 365 サービスの評価、計画、導入、操作を担当する IT プロフェッショナルを対象としています。
MCSA: Office 365資格70-346試験の受験者は、Office 365 管理センターに関する経験があり、Microsoft Exchange Online、Skype for Business Online、SharePoint Online、Office 365 ProPlus、Azure Active Directory について理解している必要があります。
これには、サービスの説明、構成オプション、組織のビジネス要件をサポートするための既存の ID 管理および内部設置型インフラストラクチャとのサービスの統合に関する経験が含まれます。

70-346試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

Office 365 のプロビジョニング (15-20%)
Office 365 でのネットワークおよびセキュリティの計画と実装 (15-20%)
クラウド ID の管理 (15-20%)
Azure AD Connect を使用した ID の実装と管理 (15 - 20%)
シングル サインオン (SSO) のためのフェデレーション ID の実装と管理 (15-20%)
Office 365 の可用性および利用状況の監視とトラブルシューティング (15-20%)

弊社のMCSA: Office 365資格70-346受験対策は30時間ぐらいの短期の育成訓練でらくらくに勉強しているうちに多くの知識を身につけられます。
弊社のMCSA: Office 365資格70-346勉強材料を使えば1週間で合格できたと思いますが、あえて時間をかけて勉強することができます。
弊社のMCSA: Office 365資格70-346試験材料を勉強しとけば、Passできます。




posted by 猫さん at 10:29| Comment(0) | Microsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

受験者は304-200認証試験は問題にならないだけでなく、高い点数も合格することができます

LPIC(Linux技術者認定試験)は持っていると有利な資格です。
LPI LPIC-3に直接関係なくともネットワークエンジニアの評価に影響する資格です。
304-200試験では、LPIC-3認定を受ける受験者を対象します。
LPIC-3 304-200認定試験、「エンタープライズレベルでの仕事が出来る技術者」を認定する資格試験です。
LPI LPIC-3関する資格を取得する受験者はどのように304-200試験をパスしますか?推奨トレーニングとPassexamの304-200問題集を使用してください。
初心者にとってはもちろん、本だけでは合格は無理ですが、弊社の304-200受験対策を併用することで合格も見えてきます。

LPIC-3 304-200認定試験は以下の情報です:
試験コード:304-200
試験名称:LPIC-3 Exam 304: Virtualization & High Availability, version 2.0
試験実施方式:コンピュータベーストテスト(CBT)
問題数:約60問
弊社の304-200問題数:120
試験時間:90分
合否結果は試験終了と同時に判ります
平均勉強期間:一般的な勉強期間の目安としては、半年?1年程度です。
304-200の出題範囲にあるそれぞれの項目には、重要度として重み付けがなされている。重みの範囲は概ね1?10であり、それぞれの目標の相対的な重要性を示している。

弊社のLPIC-3 304-200試験資料を使えば、試験において多くの問題が出題される。
受験者のLPIC-3 304-200試験に合格させることができないと、すぐに全額で返金いたします。
最完全かつ最新の304-200試験資料で、合格率が非常に高いということで人々に知られています。
304-200問題と解答に含まれていて、実際の試験問題と殆ど同じで、最高のトレーニング資料とみなすことができます。
LPIC-3 304-200:LPIC-3 Exam 304: Virtualization & High Availability, version 2.0試験に合格しない心配する必要がない、気楽に試験を受けることができます。
304-200認定試験の真実問題と模擬練習問題があって、十分に試験に合格させることができます。
304-200試験に合格できるかどうかに関連する大切な問題です。
受験者は304-200認証試験は問題にならないだけでなく、高い点数も合格することができます。
最全面的なLPIC-3 304-200問題と解答を提供するだけでまく、一年間の無料更新サービスも提供いたします。

1.CORRECT TEXT.
When using direct Linux booting to start Linux within a KVM virtual machine, which KVM parameter is
used to specify parameters for the Linux Kernel? (Specify ONLY the option name without any values or
parameters.)
A.append, -append
Answer: A

2.CORRECT TEXT.
Which command in the KVM monitor restores a snapshot? (Specify ONLY the command without any path
or parameters.)
A.loadvm
Answer: A

3 CORRECT TEXT.
Which sub-command of xl lists the block devices that are currently attached to a Xen guest domain?
(Specify ONLY the sub-command without any path or parameters.)
A.block-list, xl block-list
Answer: A

4.What is libvirt?
A. An identity manager used to provide Single-Sign-On for different operating systems.
B. A driver package used to support 3D printers.
C. A cluster manager used to handle node access to shared storage.
D. A combined interface to several virtualization products.
E. A Linux-based virtualization hypervisor.
Answer: D

5.Which of the following products use container-based virtualization? (Choose THREE correct answers.)
A. KVM
B. Linux VServer
C. LXC
D. OpenVZ
E. Xen
Answer: B,C,D



posted by 猫さん at 14:26| Comment(0) | LPI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LPIC レベル 3 303-200受験対策を勉強したら、高い技能を身につけていることも証明できます

レベル 3 303 303-200試験合格の勉強法がほしいでしょうか?
早くて303-200試験を通りたいですか?Passexamを選択します。
Passexamは最新の303-200試験トレーニング資料を入手することを意味します。
弊社のLPIC レベル 3 303-200(LPIC-3 Exam 303: Security, version 2.0)練習問題集では、知識の宝物の家を見つけることができます。
LPIC レベル 3 303-200トレーニング方法は受験生の皆さんに短い時間で予期の成果を取らせます。

レベル 3 303-200出題範囲改訂の背景とメリット:
IT システムへの攻撃は、手法?経路とも年々複雑化?多様化しています。303 試験 Ver1.0 がリリースされた 2009 年から5 年を経て、今回の出題範囲の改訂では近年の傾向を反映して Linux およびオープンソースの最新のセキュリティ技術を取り入れて再編成いたしました。
303 試験 Ver2.0 では、各種アプリケーションと X.509 証明書の範囲の拡張、DNSSEC の追加、ホストおよびネットワークでの侵入検知と監視技術を拡張しています。
303 試験 Ver2.0 の認定を保有することで、Linux およびオープンソースで必要な最新のセキュリティの知識と技術力を有していることを証明できます。

新バージョン(Ver2.0)リリース後の「6 ヶ月間」は、旧バージョン(Ver1.5)を選択して受験することもできます。
LPIC レベル 3試験に関連する資料を探しているとき、Passexamの303-200問題集を見つけることができます。
弊社のLPIC レベル 3 303-200勉強資料を使用すれば、あなたは明るい未来と保持高い注意を払う必要があります。
弊社のLPIC レベル 3 303-200受験対策を勉強したら、高い技能を身につけていることも証明できます。
もし、303-200学習教材は問題があれば、或いは試験に不合格になる場合は、全額返金することを保証いたします。

有意な LPIC レベル 2 を保有し、303 (LPIC-3 Exam 303: Security, version 2.0)試験に合格すれば、LPIC-3 Specialty LPI-303 Security に認定されますが、この分野の技術の進展は著しいため、新バージョンでの受験をお勧めします。
レベル 3 303-200出題範囲にあるそれぞれの項目には、重要度として重み付けがなされている。
重みの範囲は概ね1~10であり、それぞれの目標の相対的な重要性を示している。
LPIC レベル 3 303 試験(Ver2.0)の出題範囲:
暗号化
ホストセキュリティ
アクセス制御
ネットワークセキュリティ

最も最新のLPIC レベル 3 303-200試験内容を提供し、無料の24時間のオンライン顧客サービスを提供することができます。
もし、303-200試験に合格する自信を持っていないなら、ここで最高のPassexam問題集を推奨します。
LPIC レベル 3 303-200無料サンプルを使用してから、もっと自信を増やす。

1.Which of the following access control models is established by using SELinux?
A. Security Access Control (SAC)
B. Group Access Control (GAC)
C. User Access Control (UAC)
D. Discretionary Access Control (DAC)
E. Mandatory Access Control (MAC)
Answer: E

2.Which of the following prefixes could be present in the output of getcifsacl? (Choose THREE correct
answers.)
A. ACL
B. GRANT
C. GROUP
D. OWNER
E. SID
Answer: A,C,E

3.What effect does the following command have on TCP packets?
iptables- A INPUT -d 10 142 232.1 -p tcp -dport 20:21 -j ACCEPT
A. Forward all TCP traffic not on port 20 or 21 to the IP address 10.142 232.1
B. Drop all TCP traffic coming from 10 142 232.1 destined for port 20 or 21.
C. Accept only TCP traffic from 10.142 232.1 destined for port 20 or 21.
D. Accept all TCP traffic on port 20 and 21 for the IP address 10.142.232.1
Answer: C

4.How are SELinux permissions related to standard Linux permissions? (Choose TWO correct answers.)
A. SELinux permissions overnde standard Linux permissions.
B. standard Linux permissions override SELinux permissions.
C. SELinux permissions are verified before standard Linux permissions.
D. SELinux permissions are verified after standard Linux permissions.
Answer: B,D

5.Which of the following commands disables the automatic password expiry for the user usera?
A. chage --maxdays none usera
B. chage –maxdays 99 usera
C. chage --maxdays -1 usera
D. chage --lastday none usera
E. chage --lastday 0 usera
Answer: C



posted by 猫さん at 14:23| Comment(0) | LPI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする