2017年07月19日

MCSA: SQL 2016 Database Administration 認定70-764学習資料は、試験の内容とは関係なく開発されています

MCSA: SQL 2016 Database Administration 認定資格を取得すると、データベースのインストール、メンテナンス、構成、およびプロビジョニング タスクに関するスキルが検証され、データベース管理者またはインフラストラクチャ スペシャリストに適格であることが示されます。
70-764試験に合格すれば、MCSA: SQL 2016 Database Administrationの資格を取得することができます。
70-764試験取得のために勉強をしているのですが、独学でも合格できますか?
PassexamのMCSA: SQL 2016 Database Administration 認定70-764問題集と同じ問題が出るので、完璧にしておくことをおすすめします。
PassexamだけではカバーできたMCSA: SQL 2016 Database Administration 認定70-764問題が出ることもあるので、きっと試験に合格できます。
70-764の受験料は21103円ので、もし、不合格の場合、大量の時間とお金をかかります。だから、Passexamの70-764問題集の使用は不可欠です。
弊社のMCSA: SQL 2016 Database Administration 認定70-764学習資料は、試験の内容とは関係なく開発されています。

70-764試験概要:

試験名称:SQLデータベースインフラストラクチャの運用
配信開始: 2016 年 10 月 18 日
言語: 英語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: SQL Server
対応資格: MCP、MCSA
受験料:¥21,103.00 JPY

MCSA: SQL 2016 Database Administration 認定70-764試験は、インストール タスク、メンテナンス タスク、および構成タスクを実行するデータベース プロフェッショナルを対象としています。その他の業務として、データベース システムのセットアップ、それらのシステムが効率的に動作するかどうかの確認、定期的な保存やバックアップ、許可されていないデータ アクセスからのセキュリティ保護などが挙げられます。

70-764試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

データ アクセスと監査の構成 (20 ~ 25%)
データベースのバックアップと復元の管理 (20 ~ 25%)
SQL Server インスタンスの管理と監視 (35 ~ 40%)
High Availability and Disaster Recovery の管理 (20 ~ 25%)

真実の70-764試験と同じ、弊社のMCSA: SQL 2016 Database Administration 認定70-764問題集から9割ぐらいに出題されます。
MCSA: SQL 2016 Database Administration 認定70-764テスト範囲が決まっている定期テストですから、勉強時間をしっかりとれれば誰でもある程度の点数は取れます。
真実のMCSA: SQL 2016 Database Administration 認定70-764試験環境と同じのソフト版は最も的中率が高い問題集を提供し、受験者のために、試験環境を適応することができます。
受験者は70-764問題と答えを理解しただけで、お客様のレベルが高くなります。

1.Note: This question is part of a series of questions that present the same scenario. Each question in the
series contains a unique solution that might meet the stated goals. Some question sets might have more
than one correct solution, while others might not have a correct solution.
After you answer a question in this sections, you will NOT be able to return to it. As a result, these
questions will not appear in the review screen.
You need to configure a Microsoft SQL Server instance to ensure that a user named Mail1 can send mail
by using Database Mail.
Solution: You add the DatabaseMailUserRole to Mail1 in the tempdb database.
Does the solution meet the goal?
A. Yes
B. No
Answer: B
Explanation:Database Mail is guarded by the database role DatabaseMailUserRole in the msdb database,
not the tempdb database, in order to prevent anyone from sending arbitrary emails. Database users or
roles must be created in the msdb database and must also be a member of DatabaseMailUserRole in
order to send emails with the exception of sysadmin who has all privileges.
Note: Database Mail was first introduced as a new feature in SQLServer 2005 and replaces the SQL Mail
feature found in previous versions.
References:http://www.idevelopment.info/data/SQLServer/DBA_tips/Database_Administration/DBA_20.s
html

2.Note: This question is part of a series of questions that present the same scenario. Each question in the
series contains a unique solution that might meet the stated goals. Some question sets might have more
than one correct solution, while others might not have a correct solution.
After you answer a question in this sections, you will NOT be able to return to it. As a result, these
questions will not appear in the review screen.
You need to configure a Microsoft SQL Server instance to ensure that a user named Mail1 can send mail
by using Database Mail.
Solution: You add the DatabaseMailUserRole to Mail1 in the msdb database.
Does the solution meet the goal?
A. Yes
B. No
Answer: A
Explanation:Database Mail is guarded by the database role DatabaseMailUserRole in the msdb database
in order to prevent anyone from sending arbitrary emails. Database users or roles must be created in the
msdb database and must also be a member of DatabaseMailUserRole in order to send emails with the
exception of sysadmin who has all privileges.
Note: Database Mail was first introduced as a new feature in SQL Server 2005 and replaces the SQL Mail
feature found in previous versions.
References:http://www.idevelopment.info/data/SQLServer/DBA_tips/Database_Administration/DBA_20.s
html



posted by 猫さん at 15:04| Comment(0) | Microsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

VCA6-DCV資格1V0-621問題集を使用すると、多くの時間と労力を節約するのに役立ちます

VCA6-DCV資格1V0-621試験合格を心配していますか?
独学で合格するためには、PassexamのVCA6-DCV資格1V0-621問題集を繰り返す勉強が効果的です。
1V0-621試験に合格したかったら、弊社のVCA6-DCV資格1V0-621参考書だけでも充分だと思いますが、資格試験に慣れていない場合は講座を受けていると学習の進め方が分かって受かり易くなると思います。
VCA6-DCV資格1V0-621試験の難度は比較的高めとされていますので、この試験を基準に勉強しておくと安心でしょう。
弊社のVCA6-DCV資格1V0-621問題集を使用すると、多くの時間と労力を節約するのに役立ちます。
弊社のVCA6-DCV資格1V0-621参考書を使用すれば、何より多くのものを得ることができ、あなたは良い準備と完全な知識構造を持っている必要があります。
弊社のVCA6-DCV資格1V0-621学習教材を購入した後、一年間で無料更新サービスを提供することができます。

VCA-データ センター仮想化 (VCA-Data Center Virtualization)認定資格を取得することで、データ センターの仮想化や、vSphere が対応するように設計されているビジネスの課題、vSphere を使ったデータ センターの仮想化によりそれらの課題にどのように対応できるのかについて議論するときの信頼感が高まります。

VCA6-DCV資格1V0-621試験の合格は単純に仮想化テクノロジーに関する知識を深めたいのか、最終的に仮想化のエキスパートとしての地位を固めたいのかにかかわらず、VMware 認定資格は利用者のキャリアにとって欠かせないワンステップとなっています。

1V0-621試験合格のメリット:

技術的な知識の認定
公式の成績証明書
VCA-DCV ロゴの使用
専用の VCA ポータルおよびロゴ入り商品ストアへのアクセス
ベータ試験とクラスへの招待
VMware のイベントの入場料割引
昇進の機会の拡大

1V0-621試験概要:

試験番号:1V0-621
試験名称:VMware Certified Associate 6 – Data Center Virtualization Exam
所要時間:75分
準拠認定:VCA6-DCV
質問数:50
試験製品:vSphere 6.x
合格点:300
推奨トレーニング:データセンターの仮想化の基礎
検証済み:vSphere 6.x
試験価格:125米ドル、価格の詳細
試験言語:英語
最初に利用可能なアポイントメント:2016年8月26日
書式:単一および複数の選択肢、非プロクタード、オンライン
試験の詳細情報最終更新日:2016年8月26日

弊社のVCA6-DCV資格1V0-621練習問題集を使用すると、ほとんど受験する人は3日ぐらい專門の知識を勉強することができます。
もし、1V0-621試験に準備するときに良いツールを使えば、多くの時間を節約することができるだけでなく、楽にVCA6-DCV資格1V0-621試験に合格する保障を手にすることもできます。
実践の検証にVCA6-DCV資格1V0-621試験合格すたもので、多くの受験生に証明された100パーセントの成功率を持っている資料です。
VCA6-DCV資格1V0-621試験に合格するのを助ける、あなたは短時間で効率の高いレベルを達成することを可能にすることができるようになります。
VCA6-DCV資格1V0-621受験体験記には、下記のとおりです。

【試験コード】
1V0-621

【受験日】
2017/06/06

【合格点】
300

【取得点】
465

【受験回数】
1回目

【学習期間】
1週間

【問題数】
50問

【出題形式 】
単一選択,複数選択

【試験時間】
75分

【参考にしたテキスト/Webサイト】
Passexamのみ

【学習方法】
Passexamで問題練習を繰り返しました。

【試験の感想】
Passexamレベルの問題が解けるようになっていれば十分合格可能だと感じました。
Passexam問題集の問題がしっかり解けるようになれば、合格ラインは超えると思います。






posted by 猫さん at 15:29| Comment(0) | VMware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

70-398試験、70-398問題集、70-398試験のテキスト、0-398学習材料、MCSE: Mobility認定、70-398出題範囲

MCSE: Mobility資格では、今日の Bring Your Own Device (BYOD) エンタープライズのデバイスの管理に必要なスキルを身に付けていることを実証します。
MCSE: Mobility認定のためには、70-398試験に合格する必要がございます。
MCSE: Mobility認定70-398出題範囲の難易度は難しいです。
短期間で効率的にMCSE: Mobility認定70-398試験に合格できる独学勉強法を紹介します。
70-398試験取得を目指すのであれば、PassexamのMCSE: Mobility認定70-398問題集を使用してください。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398(Planning for and Managing Devices in the Enterprise)参考書を勉強すれば2週間程度の独学で合格することができる難易度です。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398試験のテキストで間違ったものを何度も繰り返すことで、確実に実力が上がるので根気よく勉強しましょう。

MCSE:を取得しましょう:従来のデスクトップ サポート技術者から、エンタープライズの BYOD デバイスおよびアプリの管理まで、幅広いキャリア パスの資格が与えられます。

ステップ1-スキル
MCSAの取得:Windows 10認定

ステップ2-試験
必須試験1つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定
MCSEを獲得します:モビリティ認証

ステップ4-継続教育

70-398試験概要:

試験名称:Planning for and Managing Devices in the Enterprise
配信開始: 2015 年 11 月 24 日
言語: 英語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Enterprise Mobility Suite (EMS)
対応資格: MCP、MCSE
受験料:¥21,103.00 JPY

70-398受験対象者:

MCSE: Mobility認定70-398試験では、クラウド ID とハイブリッド ID およびデバイス管理用の関連 ID インフラストラクチャの計画と設計についての知識とスキルを受験者が有していることを検証します。
MCSE: Mobility認定70-398(Planning for and Managing Devices in the Enterprise)試験の受験者はデータ損失防止 (DLP) によるコンテンツの保護とモバイル デバイスの管理およびセキュリティ保護のためのポリシーを計画して設計できる必要があります。また、Hyper-V による仮想化を使ってデバイスにアプリケーションを提供し、会社ポータルまたは Windows ストアを使ってアプリケーション管理を実行するプラットフォームを計画して設計できる必要もあります。

70-398試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

クラウド/ハイブリッド ID の設計 (15–20%)
デバイス アクセスと保護の設計 (15–20%)
データ アクセスと保護の設計 (15–20%)
リモート アクセスの設計 (15–20%)
アプリの計画 (10–15%)
更新と回復の計画 (15–20%)

最新のMCSE: Mobility認定70-398学習材料をしっかりと勉強すれば、独学でも試験に合格することはできます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398問題集を使用すると、短期間でも習得することができます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398試験資料は独学でもほとんどの分野は理解することが可能です。
最新のMCSE: Mobility認定70-398参考書を使用すると、初心者としてこの試験分野の基礎知識は持っている場合、きっと70-398試験に合格することができます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398問題と解答を解いている最適は思います。

1.A company implements offline files for all Windows 10 devices.
A user reports that they are running low on free disk space.
You need to determine the amount of disk space being used by offline files on the user’s device.
What should you do?
A. On the device, run the following Windows PowerShell command:Get-Disk | Where-Object IsOffline- Eq
$True | Set-Disk-IsOffline $False
B. Instruct the user to launch Resource Manager.
C. On the device, run the following Windows PowerShell command:Get-Disk | Where-Object IsOffline- Eq
$False | Set-Disk-IsOffline $True
D. Instruct the user to launch Sync Center.
Answer: D

2.A company has tablet devices that run Windows 10. You configure auditing for devices.
You need to determine which audit policies are configured on the devices.
What should you do?
A. At a command prompt, run the following command:auditpol
B. Run the following Windows PowerShell cmdlet:Get-AdminAuditLogConfig
C. At a command prompt, run the following command:Dsget
D. At a command prompt, run the following command:Winrm
E. Run the following Windows PowerShell cmdlet:Get-AuditLogSearch
Answer: A



posted by 猫さん at 15:12| Comment(0) | Microsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする