2017年06月12日

P_ADMSEC_731参考書を使用すれば、短いに学習資料の更新を行っております

どの試験を受験したことがありますか。
たとえばSAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731認定試験などです。これらは全部大切な試験です。
P_ADMSEC_731問題集が9割を超えられるまで、繰り返し勉強すればPassexamとしては十分です。
PassexamはSAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731認定試験に合格するための最も効果的な方法です。
弊社のSAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731問題集を使用すれば、あなたは良い準備と完全な知識構造を持っている必要があります。
弊社のSAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731参考書はPDF形式およびソフトウェアを提供し、通勤時間で勉強してもいいです。
弊社のSAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731テキストも発売されているので、独学でも勉強法と勉強時間を上手に組み立てれば誰でも合格することができます。

P_ADMSEC_731試験概要:

試験番号:P_ADMSEC_731
試験名称:SAP Certified Technology Professional - System Security with SAP NetWeaver 7.31
問題数:80問
試験時間:150分
合格ライン:55%
試験言語:英語
Sub-solution:Administration

「SAP認定テクノロジープロフェッショナル - SAP NetWeaver 7.31によるシステムセキュリティ」認定試験は、候補者がSAPシステムセキュリティの分野で必要とされる深い知識を持っていることを検証します。
証明書は、候補者がテクノロジーコンサルタントのプロファイル内で高度な理解を持っており、これらのスキルを実際に適用し、SAPプロジェクトの実装とセキュリティインフラストラクチャアーキテクチャでガイダンスを提供できることを証明します。

受験は難易度が高いSAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731問題ばかり出題されると思われています
弊社のSAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731試験資料を購入したお客様は一年のうちに無料更新のサービスをして、更新された状態を確保できます。
弊社のSAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731参考書を使用すれば、短いに学習資料の更新を行っております。

SAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731試験の出題範囲となる内容は次のとおりです

Audit   12%
User and Authorization Management  12%
Administration Concept to secure SAP systems  12%
Infrastructure Security: Network, System, Database, Workstation security  12%
Secure Process and People Collaboration 8% - 12%
Secure Application Lifecycle  8%
Secure System Configuration  8%
Secure Support of SAP Solutions 8%

弊社のSAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731試験資料を利用すれば、短時間の準備をしても、高得点で試験に合格することができます。
もし、SAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731試験に失敗したら、全額で返金いたします。最優秀なSAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731試験資料を提供して、受験者を試験に合格させることを保証します。
最新のSAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731練習問題集を勉強することだけで楽に試験に合格することができます。
SAP NetWeaver認定P_ADMSEC_731問題と解答を安心に利用してください。

1.Which of the following statements regarding SSO and SAP Logon Tickets are true? Note: There are 3
correct answers to this question.
A. Users have the same user ID and password in all of the systems they access using SAP Logon
Tickets.
B. The end users' Web browsers accept cookies (SAP GUI not in use).
C. The clocks for the accepting systems are synchronized with the ticket-issuing system.
D. The SSO ticket is issued after successful login to the SAP NetWeaver AS Java.
E. The cookie is stored in the temporary folder of the local GUI.
Answer: B,C,D

2.Which of the following authentication mechanisms are available for SAP NetWeaver AS Java?
Note: There are 3 correct answers to this question.
A. Security session IDs for Single Sign-On between applications
B. SAP Logon Tickets for Single Sign-On
C. SAML Assertions for Single Sign-On
D. Web Dynpro for Single Sign-On
E. Kerberos Authentication for Single Sign-On
Answer: A,B,C

3.Which of the following authentication mechanisms is not accepted by SAP NetWeaver Portal 7.0?
A. SAML Assertions
B. User ID / password
C. X.509 client certificates
D. SNC based authentication
E. Web Access Management (WAM) products
Answer: D

4.A customer uses an LDAP (Lightweight Directory Access Protocol ) enabled directory server. To simplify
the administration of SAP users, Central User Administration (CUA) was introduced. Now there are plans
to synchronize the LDAP enabled directory server with the CUA. Which of the following statements are
true? Note: There are 2 correct answers to this question.
A. The SAP user field: BNAME is already a standard for most of the LDAP enabled directory server.
Therefore the field mappings can be easily customized.
B. The synchronization of fields can be controlled via a mapping transaction in SAP ABAP.
C. A prerequisite for the communication between the CUA and the LDAP enabled directory server is to
open the LDAP(s) port in the firewall environment, if a firewall is used.
D. The communication between LDAP and the CUA is based on PI 7.1. Therefore, SAP specific PI
adapter ports must be open in the firewall environment.
E. A SAPROUTER must be used to establish the proper connection between the SAP CUA and the LDAP
provider.
Answer: B,C


posted by 猫さん at 12:34| Comment(0) | SAP勉強資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください