2017年07月15日

70-398試験、70-398問題集、70-398試験のテキスト、0-398学習材料、MCSE: Mobility認定、70-398出題範囲

MCSE: Mobility資格では、今日の Bring Your Own Device (BYOD) エンタープライズのデバイスの管理に必要なスキルを身に付けていることを実証します。
MCSE: Mobility認定のためには、70-398試験に合格する必要がございます。
MCSE: Mobility認定70-398出題範囲の難易度は難しいです。
短期間で効率的にMCSE: Mobility認定70-398試験に合格できる独学勉強法を紹介します。
70-398試験取得を目指すのであれば、PassexamのMCSE: Mobility認定70-398問題集を使用してください。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398(Planning for and Managing Devices in the Enterprise)参考書を勉強すれば2週間程度の独学で合格することができる難易度です。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398試験のテキストで間違ったものを何度も繰り返すことで、確実に実力が上がるので根気よく勉強しましょう。

MCSE:を取得しましょう:従来のデスクトップ サポート技術者から、エンタープライズの BYOD デバイスおよびアプリの管理まで、幅広いキャリア パスの資格が与えられます。

ステップ1-スキル
MCSAの取得:Windows 10認定

ステップ2-試験
必須試験1つに合格して下さい。試験予習リソースを必ず確認して下さい。

ステップ3-認定
MCSEを獲得します:モビリティ認証

ステップ4-継続教育

70-398試験概要:

試験名称:Planning for and Managing Devices in the Enterprise
配信開始: 2015 年 11 月 24 日
言語: 英語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Enterprise Mobility Suite (EMS)
対応資格: MCP、MCSE
受験料:¥21,103.00 JPY

70-398受験対象者:

MCSE: Mobility認定70-398試験では、クラウド ID とハイブリッド ID およびデバイス管理用の関連 ID インフラストラクチャの計画と設計についての知識とスキルを受験者が有していることを検証します。
MCSE: Mobility認定70-398(Planning for and Managing Devices in the Enterprise)試験の受験者はデータ損失防止 (DLP) によるコンテンツの保護とモバイル デバイスの管理およびセキュリティ保護のためのポリシーを計画して設計できる必要があります。また、Hyper-V による仮想化を使ってデバイスにアプリケーションを提供し、会社ポータルまたは Windows ストアを使ってアプリケーション管理を実行するプラットフォームを計画して設計できる必要もあります。

70-398試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

クラウド/ハイブリッド ID の設計 (15–20%)
デバイス アクセスと保護の設計 (15–20%)
データ アクセスと保護の設計 (15–20%)
リモート アクセスの設計 (15–20%)
アプリの計画 (10–15%)
更新と回復の計画 (15–20%)

最新のMCSE: Mobility認定70-398学習材料をしっかりと勉強すれば、独学でも試験に合格することはできます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398問題集を使用すると、短期間でも習得することができます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398試験資料は独学でもほとんどの分野は理解することが可能です。
最新のMCSE: Mobility認定70-398参考書を使用すると、初心者としてこの試験分野の基礎知識は持っている場合、きっと70-398試験に合格することができます。
弊社のMCSE: Mobility認定70-398問題と解答を解いている最適は思います。

1.A company implements offline files for all Windows 10 devices.
A user reports that they are running low on free disk space.
You need to determine the amount of disk space being used by offline files on the user’s device.
What should you do?
A. On the device, run the following Windows PowerShell command:Get-Disk | Where-Object IsOffline- Eq
$True | Set-Disk-IsOffline $False
B. Instruct the user to launch Resource Manager.
C. On the device, run the following Windows PowerShell command:Get-Disk | Where-Object IsOffline- Eq
$False | Set-Disk-IsOffline $True
D. Instruct the user to launch Sync Center.
Answer: D

2.A company has tablet devices that run Windows 10. You configure auditing for devices.
You need to determine which audit policies are configured on the devices.
What should you do?
A. At a command prompt, run the following command:auditpol
B. Run the following Windows PowerShell cmdlet:Get-AdminAuditLogConfig
C. At a command prompt, run the following command:Dsget
D. At a command prompt, run the following command:Winrm
E. Run the following Windows PowerShell cmdlet:Get-AuditLogSearch
Answer: A



posted by 猫さん at 15:12| Comment(0) | Microsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください