2018年03月19日

2VB-602問題集、2VB-602参考書、2VB-602試験情報、2VB-602受験対策、2VB-602出題内容の詳細

今のところ、VMware vRealize Operations 2017 Specialist資格2VB-602試験に合格することを目指していて勉強しているところです。そこで、2VB-602の勉強方法について書いていきたいと思います。
PassexamのVMware vRealize Operations 2017 Specialist資格2VB-602問題集は学習には役立ちますが、90%以上を得点できるようになれば、受験して良いと思います。
弊社のVMware vRealize Operations 2017 Specialist資格2VB-602参考書は試験と同じレベルの問題が出題されてます。
弊社のVMware vRealize Operations 2017 Specialist資格2VB-602受験対策を暗記するだけで高得点で合格できます。
最優秀なVMware vRealize Operations 2017 Specialist資格2VB-602練習問題集を提供して、受験者を試験に合格させることを保証します。

2VB-602試験情報:

試験番号:2VB-602
試験名称:VMware Specialist: vRealize Operations 2017 Exam
所要時間:105分
関連バッジ:VMware vRealize Operations 2017スペシャリストバッジ
質問数:60
試験製品:vオペレーション6.2から6.5を実現する
合格点:300
推奨トレーニング:VMware vRealize Operations Manager:インストール、設定、管理[V6.6]
検証済み:vRealizeオペレーション6.2?6.5
試験価格:$ 125米ドル
試験言語:英語
最初に利用可能なアポイントメント:2017年8月15日
書式:非監督の複数選択

VMware vRealize Operations 2017スペシャリストは、統一された監視、自動化されたパフォーマンス管理、クラウド計画、および容量の最適化により、ソフトウェア定義データセンター(SDDC)およびマルチクラウド環境を計画、管理、拡張する技術専門家です。

VMware vRealize Operations 2017 Specialist資格2VB-602試験では、vRealize Operations Manager 6.x環境のインストール、設定、および管理を行う候補者のスキルと能力をテストします。

VMware vRealize Operations 2017 Specialist資格2VB-602試験は、オンラインで、プロビジョナルではなく世界中で提供されます。 購入後2日以内に完了する必要があります。

2VB-602出題内容の詳細は以下のとおりです:

セクション1 - vRealize Operations Managerユーザーインターフェイスの有効化
セクション2 - vRealize Operations Managerの概念の実現
セクション3 - システムの正常性の問題のトラブルシューティング
セクション4 - キャパシティプランニング
セクション5 - タグ、アプリケーショングループ、カスタムオブジェクトグループ
セクション6 - ポリシー
セクション7 - インテリジェントワークロードの配置
セクション8 - カスタムアラート
セクション9 - カスタムビューとレポート
セクション10 - カスタムダッシュボード
セクション11 - スーパーメトリック
セクション12 - ユーザアクセス制御
セクション13 - オペレーティングシステムとアプリケーションの監視
セクション14 - 管理パック
セクション15 - アーキテクチャ、スケーラビリティ、および可用性
セクション16 - vRealize Operations Managerの導入

最新のVMware vRealize Operations 2017 Specialist資格2VB-602問題集を一通り勉強すれば合格できます。
理解した知識を応用したVMware vRealize Operations 2017 Specialist資格2VB-602問題が出題されるため、問題集の問題だけでは合格できます。
弊社のVMware vRealize Operations 2017 Specialist資格2VB-602参考書の内容理解して、問題を丁寧に解いていけば、だれでも合格できる資格だと思います。
2VB-602問題を解答できるレベルにすれば合格します。

1.What are three actions that are managed in the Policies section of vRealize Operations? (Choose
three.)
A. Modify the CPU demand value in a custom profile
B. Modify the level above which the Faults badge will be read
C. Determine which resources are included in workload calculations
D. Set the virtual CPU to physical CPU overcommit ratio to use in capacity calculations
E. Enable the calculation of capacity metrics and badges
Answer: C,D,E

2.Which out of the box Profile VM size can be used in a capacity project? (Choose the best answer.)
A. Small
B. Medium
C. Average
D. Large
Answer: C

3.What are the possible roles that can be assigned when deploying a vRealize Operations appliance?
(Choose the best answer.)
A. Master, Master Replica, Data, Remote Collector
B. Master, Analytics, Remote Collector, Child
C. Master, Backup, Analytics, Remote Collector
D. Parent, Child, Remote Collector
Answer: A
Explanation:http://pubs.vmware.com/vrealizeoperationsmanager-6/topic/com.vmware.ICbase/PDF/vreali
ze-operations-manager-60-vapp-deploy-guide.pdf (p.10)

4.There are a few alerts in the Alerts Screen for host connectivity. These are currently being addressed by
the networking team.
How would a user clear these alerts temporarily from the active list without cancelling them? (Choose the
best answer.)
A. Take ownership of the alert
B. Assign the alert to the networking team
C. Release ownership of the alert
D. Suspend the alert
Answer: D
Explanation:https://docs.vmware.com/en/vRealize-Operations-Manager/6.6/com.vmware.vcom.core.doc/
GUID-FC6994C0-F6EF-40F4-99DC-7E119A2B338D.html




posted by 猫さん at 17:43| Comment(0) | VMware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

2V0-642J日本語版試験合格、2V0-642J受験体験記、2V0-642J日本語版試験材料、2V0-642J日本語版問題集

2V0-642J試験に出題される問題のおおまかな傾向を知るためにはとてもよいと思います。
独学だけ完璧に学習してもVMware VCP6-NV認定2V0-642J日本語版試験合格はかなり難しいです。
2V0-642J日本語版試験の難易度が難しく、Passexamの2V0-642J日本語版問題集を主にするのがいいと思います。
PassexamのVMware VCP6-NV認定2V0-642J日本語版問題集の正解率が90%くらいになり、結果として9割取得し合格することができます。
高いVMware VCP6-NV認定2V0-642J日本語版試験材料を使用すると、短時間で高得点を目指せると思います。

2V0-642J受験体験記には、下記のとおりです

1.Passexam問題集の内容を、しっかり理解したうえで、そらで入力できるレベルまで持っていけば、十分対応できるはずです。

2.試験全体としては、Passexamの問題をきちんとやっておけば問題ないと思います。
Passexamのサイトのみで試験合格には充分だと思います。

3.Passexamで出てくる問題は結構試験でも出てきたのでとても助かりました。

4.Passexamから結構な頻度で出題されていました
Passexamを完璧にしておけば合格できると思います

5.Passexamの2V0-642問題集と類似問題が多かったので、とても助かりました。ありがとうございます。

弊社のVMware VCP6-NV認定2V0-642J日本語版テキストを使用すると、受験料も高いだけに気持ち的には楽に受けられます。
もし、VMware VCP6-NV認定2V0-642J日本語版試験材料を購入し、試験を受けましたが落ちて場合、アカウントに返金いたします。

2V0-642試験情報:

試験番号:2V0-642
試験名称:VMware Certified Professional 6 - Network Virtualization (NSX v6.2) Exam
試験時間(分):120分
準拠認証:VCP6-NV
質問の数:77
試験製品:VMware NSX for vSphere v6.2
合格点:300
もっと詳しく知る
推奨トレーニング:VMware NSX:インストール、設定、管理[V6.2]
検証済み:VMware NSX for vSphere v6
試験価格:$ 250.00 USD
試験言語:英語、日本語
最初に利用可能なアポイントメント:2017年1月24日
フォーマット:単一および複数選択、プロクタード

2V0-642試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます

+セクション1:VMware NSXのテクノロジーとアーキテクチャを理解する
+セクション2:VMware NSX物理インフラストラクチャ要件の理解
+セクション3:vSphereネットワークの構成と管理
+セクション4:VMware NSXのインストールとアップグレード
+セクション5:VMware NSX仮想ネットワークの設定
+セクション6:NSXネットワークサービスの設定と管理
+セクション7:ネットワークセキュリティの設定と管理
+セクション8:クロスvCenter NSX環境の展開
+セクション9:VMware NSX環境での操作タスクの実行
+セクション10:VMwareネットワーク仮想化実装のトラブルシューティング

短期集中で勉強すれば、弊社のVMware VCP6-NV認定2V0-642J日本語版参考書で1~2週間で十分だと思います。
弊社のVMware VCP6-NV認定2V0-642J日本語版試験資料を勉強したら、試験内容を繰り返すことができるようになります。
弊社のVMware VCP6-NV認定2V0-642J日本語版問題集を勉強したら、1回だけ問題を解きました。
受験者が弊社のVMware VCP6-NV認定2V0-642J日本語版勉強資料が真剣に勉強してから、きっと高得点を取得できます。
最新の実際の2V0-642J日本語版質問と回答を含んでいます。

1. どの VMware NSX ユースケースで VXLAN は不要でしょうか?
A.アクティブ/アクティブデータセンター
B. NSX マイクロセグメンテーション
C.分散論理ルーティング
D. L2 物理から仮想へのブリッジ
Answer: B

2. NSX でユニキャストモードをサポートするために必要なものはどれですか?
A.ハードウェア VTEP
B. NSX コントローラ
C. NSX Edge
D.分散論理ルータ
Answer: D

3. ファイアウォールを設定する前に、何を配備する必要がありますか?
A.ゲストイントロスペクション
B.データセキュリティ
C.ネットワークヒット検査
D. LDAP 統合
Answer: A

4. 新しいセキュリティポリシーを作成するとき、デフォルトのウェイトはどのように決定されますか?
A.デフォルトの重量は、定義された最高の重量に 1000 を加えたものに等しくなります。
B.デフォルトの重みは、0 から始まる 100 だけ増分されます。
C.デフォルトの重量は、定義された最高の重量から 1000 を引いた値に等しい
D.デフォルトの重量は、定義されている最高の重量と同じです
Answer: A




posted by 猫さん at 10:28| Comment(0) | VMware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

2V0-631受験対策、2V0-631参考書、2V0-631試験資料、2V0-631受験体験記、2V0-631試験情報

vRealize Suite関する認定取得を目指しているものですか?VMware VCP6-CMA認定を受験してください。
問題集の使用はもっと早く2V0-631試験に合格することができます。ここで、Passexamをお勧めします。
弊社のVMware VCP6-CMA認定2V0-631受験対策は真実の試験に緊密な相似性があります。
真剣に弊社のVMware VCP6-CMA認定2V0-631参考書を勉強する限り、受験したい試験に楽に合格することができるということです。
もし、VMware VCP6-CMA認定2V0-631試験に失敗したら、全額で返金いたします。
最優秀なVMware VCP6-CMA認定2V0-631試験資料を提供して、受験者を試験に合格させることを保証します。
最も良い品質と最新のVMware VCP6-CMA認定2V0-631試験資料を提供しています。

2V0-631受験体験記には、下記のとおりです

1.テキストを読みつつ、Passexamで問題を解いていきました。

2.出題範囲と内容は運に左右されるので、とりあえずPassexamを完璧にしておいて、合格ラインぎりぎりかな、と思います。

3.Passexam問題集の正答率が85~95%くらいになった時点で受験。

4.Passexamと同じ問題も出題されていた

2V0-631試験情報:

試験番号:2V0-631
試験名称:VMware Certified Professional 6 – Cloud Management and Automation Exam
所要時間:120
関連する認証:VCP6-CMA
質問数:85
試験製品:vRealize Suite
合格点:300
推奨トレーニング:VMware vRealize Automation:インストール、設定、管理[V6.2]
検証済み:vRealize Suite
試験価格:250米ドル
試験言語:英語、日本語
最初の利用可能なアポイントメント:2015年8月30日
フォーマット:単一および複数選択、プロクタード
試験の情報最終更新日:2016年1月28日

VMware VCP6-CMA認定2V0-631試験では、VMwarevRealize?環境のインストール、設定、および管理に関するスキルと能力がテストされます。

PassexamのVMware VCP6-CMA認定2V0-631問題集を解きつつ、理解できる範囲は試験に合格できます。
独学で勉強をするときに、高精度のVMware VCP6-CMA認定2V0-631学習材料を提供し、気楽に試験に合格することができます。
真実のVMware VCP6-CMA認定2V0-631試験問題にとても似ていますので、弊社の2V0-631試験資料を使用すれば、実際の仕事で必要な専門知識で身につけることができます。

2V0-631出題範囲:

+セクション1:vRealize Suiteコンポーネントのインストール、設定、およびアップグレード
+セクション2:vRealizeの自動化ユーザー、ロールおよび権限の管理
+セクション3:クラウドネットワーキングの作成と管理
+セクション4:テナントとビジネスグループの設定と管理
+セクション5:割り当てと管理vRealize Automationリソース
+セクション6:vRealizeオートメーションコンポーネントの作成と管理
+セクション7:vRealizeオートメーション実装の監視とトラブルシューティング
+セクション8:vRealize Orchestratorの構成と管理
+セクション9:vRealizeビジネススタンダードの設定と管理
+セクション10:vRealizeアプリケーションサービスの構成と管理

弊社のVMware VCP6-CMA認定2V0-631問題集だけでは、専門の知識を習得できます。
弊社のVMware VCP6-CMA認定2V0-631資料材料の使用は認定試験に合格するための最も効果的な方法です。
最新のVMware VCP6-CMA認定2V0-631受験対策をしっかり理解し、暗記すればなんとか試験合格できます。
VMware VCP6-CMA認定2V0-631無料サンプルを見たいでしょうか?

1.How can an administrator make a commonly used development environment available for end-users to deploy?
A. Use vCenter Server templates to deploy the virtual machines needed for the service.
B. Use the Service Catalog to publish the virtual machines needed for the service.
C. Use the vCloud Connector to deploy the virtual machines needed for the service.
D. Use vRealize Application Services to deploy the virtual machines needed for the service.
Answer: B

2.Senior IT leadership wants information to help determine workload placement and tradeoffs between buying new hardware or using a public cloud provider.
What VMware product provides that information?
A. vRealize Business
B. vCenter Chargeback
C. vCenter Configuration Manager
D. vRealize Operations
Answer: A

3.What vRealize Automation feature uses a library of standard components, or services, to automate and manage the update life cycle of deployments?
A. Application Services
B. Service Catalog
C. Orchestrator
D. Advanced Service Designer
Answer: A

4.An administrator needs to account for the daily cost of operating a virtual machine as well as the cost of the software deployed on the virtual machine.
What action should the administrator take in vRealize Automation to provide the needed information?
A. Assign a Blueprint Cost to the virtual machine blueprint.
B. Assign a vRealize Business Operation Cost to the virtual machine blueprint.
C. Assign a Daily Compute Cost to the virtual machine blueprint.
D. Assign a vRealize Business Usage Cost to the virtual machine blueprint.
Answer: A

5.What could cause an upgrade of the IaaS components to fail?
A. The vRealize Automation Service Manager Service is running.
B. The vRealize Automation Agent Service is running.
C. The vRealize Automation Service Manager Service is not running.
D. The vRealize Automation Agent Service is not running.
Answer: A

6.After an upgrade, in what order must vRealize Automation appliances be joined to the cluster?
A. Join virtual appliances to a cluster in the reverse order from which you shut them down before upgrading.
B. Join virtual appliances to a cluster in the same order from which you shut them down before upgrading.
C. Join virtual appliances to a cluster in any order from which you shut them down before upgrading.
D. Join virtual appliances to a cluster in numerical order (by name) from which you shut them down before upgrading.
Answer: A

7.An upgrade of IaaS components fails for two servers running Website and Manager services on each server. The administrator started the upgrade on both servers at the same time.
What is a likely cause of the failure?
A. Each individual server upgrade must be allowed to complete before starting another server upgrade.
B. The Parallel Upgrade option in the upgrade wizard was not selected before starting the upgrade
C. The Upgrade Order option in the upgrade wizard was not specified before starting the upgrade
D. Wait for the first server upgrade to start processing before starting another server upgrade.
Answer: A

8.Which value should be entered for the default tenant when configuring the SSO settings on the vRealize Automation Appliance?
A. vsphere.local
B. system-domain
C. system.local
D. vsphere-local
Answer: A

9.The ability to perform a stretch deploy of a virtual machine contained in a vApp using the vSphere Client is unavailable. The administrator verifies that the environment is properly licensed and the target virtual machine is powered off.
What should the administrator do to enable the stretch deploy option?
A. Power on the VM being stretch deployed.
B. Configure the L2 VPN tunnel.
C. Verify storage space on the destination is double the size of the VM
D. Ensure the portgroup the VM connects to is VXLAN based.
Answer: C

10.After registering the vCloud Connector plug-in with vCenter Server, an administrator discovers that the private cloud does not appear in the plug-in interface.
What step could be taken to resolve this issue?
A. Add the vCenter Server information for the private cloud.
B. Reboot the local node to reload the private cloud data.
C. Restart the vSphere Client to enable the vCloud Connector plug-in.
D. Add the local node information for the private cloud.
Answer: D

11.An Administrator is configuring vCloud Connector's (vCC) Content Sync. After configuring the vCC Server and vCC Node the vSphere folder is not syncing to the destination folder.
What could be wrong?
A. Publish to Cloud Library has not been selected
B. Publish to Content Library has not been selected
C. Prepare Folder for Content Library has not been selected
D. Prepare Cluster for Content Library has not been selected
Answer: B

12.Which two administrator types will be set up during the configuration of a new tenant? (Choose two.)
A. Tenant Administrators
B. Infrastructure Administrators
C. Business Group Administrators
D. Approval Administrators
Answer: A, B





posted by 猫さん at 15:10| Comment(0) | VMware | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする