2017年09月13日

300-160勉強材料、300-160試験教材、300-160試験の出題内容、300-160試験対策、300-160問題と解答

上級役職者には、さまざまな知識レベルの相手でも理解できる説明能力も必要です。
CCNP Data Center 認定保有者は、デジタル ビジネス トランスフォーメーションを主導する上級役職者として高い評価を受けています。
CCNP Data Center 試験は2017年1月17日に全面改訂されました。
取得を目指す受験者は、2017年7月23日まで受験する試験をバージョン 5 または 6 から選択できます。
試験移行ツールで、CCNP Data Center 認定の取得に必要な試験の組み合わせを調べることができます。
300-160試験を取得するには、CCNP Data Center認定の要件をしっかりと理解する必要があります。
300-160認定試験に受かる勉強サイトを探しているのなら、PassexamのCCNP Data Center認定300-160問題集はあなたにとって一番良い選択です。
弊社のCCNP Data Center認定300-160試験教材を使用すると、試験のためのより良い準備を取ることができます。
CCNP Data Center認定300-160参考書は演習試験非常に人気が合格に役立つことができます。

300-160試験概要:

「Designing Cisco Data Center Unified Computing」(IMINS2) 試験 (300-160 DCID) は、制限時間 90 分、出題数 60 ~ 70 問、試験言語 英語、試験登録 Pearson VUEのCCNP Data Center認定に関連する試験です。
CCNP Data Center認定300-160試験では、シスコのデータセンター インフラストラクチャの設計に関する知識が問われます。試験には、導入要件のほか、ネットワークの接続性、インフラストラクチャ、ストレージ ネットワーク、コンピューティングの接続、コンピューティング リソース パラメータの各オプションが含まれます。
CCNP Data Center認定300-160試験の出題内容に合わせたトレーニングには、Designing Cisco Data Center Infrastructure v6(DCID)コースがあります。

300-160試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

1.0 データセンターのネットワークの接続性の設計  24%
2.0 データセンター インフラストラクチャの設計  21%
3.0 データセンター ストレージネットワークの設計  21%
4.0 データセンターのコンピューティングの接続の設計  19%
5.0 データセンターのコンピューティングリソース パラメータの設計  15%

弊社のCCNP Data Center認定300-160勉強材料を使用すれば、あなたの知識やスキルを向上させることができ、試験に合格するのを助けることができます。
弊社のCCNP Data Center認定300-160問題集は実際の試験と非常に類似しており、試験に合格するために確保することができます。
弊社のCCNP Data Center認定300-160試験対策を使用すれば、短時間に受験者のために、300-160試験に合格させることができます。
300-160問題と解答を暗記しただけで、試験に合格することができます。

1.You must use one logical uplink for Fibre Channel traffic and Ethernet traffic on a Cisco UCS system.
Which type of port should you use to accomplish this task?
A. FCoE storage
B. server
C. FCoE uplink
D. uplink
Answer: C
Explanation:
Server and Uplink Ports on the Fabric Interconnect
Each fabric interconnect has a set of ports in a fixed port module that you can configure as either server
ports or uplink Ethernet ports. These ports are not reserved. They cannot be used by a Cisco UCS
instance until you configure them. You can add expansion modules to increase the number of uplink ports
on the fabric interconnect or to add uplink Fibre Channel ports to the fabric interconnect.
You need to create LAN pin groups and SAN pin groups to pin traffic from servers to an uplink port.
Each fabric interconnect can include the following types of ports:
Server Ports
Server ports handle data traffic between the fabric interconnect and the adapter cards on the servers.
You can only configure server ports on the fixed port module. Expansion modules do not include server
ports.
Uplink Ethernet Ports
Uplink Ethernet ports handle Ethernet traffic between the fabric interconnect and the next layer of the
network. All network-bound Ethernet traffic is pinned to one of these ports.
By default, Ethernet ports are unconfigured. However, you can configure them to function in the following
ways:
Server
Uplink
FCoE
Appliance
You can configure uplink Ethernet ports on either the fixed module or an expansion module.
Uplink Fibre Channel Ports
Uplink Fibre Channel ports handle FCoE traffic between the fabric interconnect and the next layer of the
network. All network-bound FCoE traffic is pinned to one of these ports.
By default, Fibre Channel ports are uplink. However, you can configure them to function as Fibre Channel
storage ports. This is useful in cases where a Cisco UCS requires a connection to a Direct-Attached
Storage (DAS) device.
You can only configure uplink Fibre Channel ports on an expansion module. The fixed module does not
include uplink Fibre Channel ports.

2.Which statement accurately describes the configuration requirements for disjoint Layer 2 networks on
Cisco UCS?
A. The Cisco UCS fabric Interconnect must be in switch mode.
B. The VLAN IDs must overlap in both Layer 2 domains.
C. All of the uplinks most be in one port channel to keep all of the ports active.
D. The Cisco UCS Fabric Interconnect must be in end-host motto.
Answer: D

3.Which two options are reasons to use Layer 3 routing to segment a data center instead of Layer 2
switching? (Choose two)
A. limit the scope of Spanning Tree Protocol
B. simplify design
C. ease of routing protocol configuration
D. limit the scope of broadcast flooding
E. cost
Answer: C, D

4.Which two options represent an access layer solution designed to accelerate server virtualization, that
is managed just like other network devices in the data center? (Choose two)
A. MPIO
B. host vPC
C. VEM
D. VSS
E. VSM
Answer: C, E



posted by 猫さん at 17:29| Comment(0) | Cisco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

CCNA Data Center資格200-150参考書を重点的に勉強して、必要な知識を暗記するのが効果的な勉強法になります

CCNAは中小企業レベル 開発者向けの資格です。
CCNA Data Center プログラムは、採用担当者が指定する IT データセンター プロフェッショナルの認定資格として広く認められています。
Cisco CCNA Data Center 認定では、基本的なデータセンター ソリューションおよびテクノロジーの設定と運用に必要な、アソシエイト レベルのスキルが評価されます。
シスコの公式サイトによると、640-911 DCICN 試験は 200-150 DCICN 試験に変更されます。
ドメインの総数は 4 から 5 に変更されます。更新された試験ドメインのカテゴリは、Cisco CCNP Data Center、Cisco CCIE Data Center および他のシスコ認定に沿ったものになっています。
200-150試験を独学で勉強する場合、PassexamのCCNA Data Center資格200-150問題集を使うのが最もお勧めです
PassexamのCCNA Data Center資格200-150参考書を重点的に勉強して、必要な知識を暗記するのが効果的な勉強法になります。

「Introducing Cisco Data Center Networking」200-150 DCICNは試験時間:90分、試験数:55-65問、試験言語:英語、試験登録:Pearson VUEのCCNA Data Center認定資格に関連する試験です。
CCNA Data Center資格200-150試験はデータセンター インフラストラクチャ、データセンター ネットワーキングの概念とテクノロジー、データセンター ストレージ ネットワーキング、ユニファイド コンピューティング、ネットワーク仮想化、データセンターの自動化とオーケストレーション、シスコ アプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ACI)が含まれます。
更新されたドメインには、関連実務経験 3 年までのデータセンター担当 IT プロフェッショナルが行う職務に必要な役割や業務内容が、さらに適切に反映されています。

CCNA Data Center資格200-150試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

1.0 データセンターの物理インフラストラクチャ  15%
2.0 基本的なデータセンター ネットワーキングの概念  23%
3.0 高度なデータセンターネットワーキングの概念  23%
4.0 基本的なデータセンター ストレージ  19%
5.0 高度なデータセンター ストレージ  20%

DCICN 試験の比較

試験内容の一覧については 200-150 DCICN 試験の内容を参照してください。試験およびトレーニング カリキュラムに加えられた主な変更点の概要をいくつか示します。

削除された主要トピック:
Nexus などの製品固有の要素が削除され、代わりにスキルとテクノロジーがより重視されるようになりました
イーサネットの低レベル機能が削除され、データセンター デバイスの運用上の役割(たとえば、さまざまなタイプの物理デバイスを導入する使用例)が追加されました
Cisco IOS ルータのトピックが削除されました
ブート プロセス プロシージャ、パスワード、診断などにおけるプラットフォーム コンポーネントの仕様が削除されました

追加または変更された主要トピック:
First Hop Redundancy Protocol(FHRP)を含むデータセンター ネットワーキング概念、スパイン/リーフ設計などのデータセンター ネットワーキング アーキテクチャ、ユニキャストとマルチキャスト、および認証、許可、アカウンティング(AAA)概念とフィルタリングに関する範囲が広がりました
高可用性スイッチングの概念、ポート チャネル、バーチャル ポート チャネル(vPC)、コントロール プレーンとデータ プレーンの分離をより重点的に扱うようになりました
ファイバ チャネルの運用と設計を含むデータセンター ストレージ概念、IP ストレージ プロトコルが拡張され、ストレージのトピックが DCICT から DCICN に移動されました
Fibre Channel over Ethernet(FCoE)の基本的理解が追加されました

最新のCCNA Data Center資格200-150テキストはPDF版及びソフト版を提供します。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
ソフト版:真実のCCNA Data Center資格200-150試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
この分野が初心者の方は弊社のCCNA Data Center資格200-150問題と回答を丸暗記だけで、試験内容を習得することができます。

1.Which two options describe Junctions of the data center aggregation layer? (Choose two)
A. services layer
B. high-speed packet switching O repeater
C. access control
D. QoS marking
Answer: AC

2.Which two options are valid VTP commands? {Choose two)
A. feature vtp
B. vtp client mode
C. vtp VLAN
D. vtp version
E. vtp static
Answer: A,D

3.Which two features must be licensed on a Cisco Nexus 7000 Switch? (Choose two)
A. Virtual Port Channel
B. Layer 3
C. Virtual Device Contexts
D. iSCSI
E. Fibre Channel
Answer: BC

4.Which two options are multicast addresses? (Choose two.)
A. FD00::2
B. 192.168.2.2
C. FF05::2
D. 226.10.10.10
E. 240.1.0.1
Answer: CE


posted by 猫さん at 15:26| Comment(0) | Cisco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

CCNA Wireless資格200-355試験材料を勉強することだけで楽に試験に合格することができます

CCNA Wireless資格200-355の難易度はどれほどのものですか?
Cisco Certified Network Associate Wireless (CCNA® Wireless) 認定は、ワイヤレス LAN 技術者 (ネットワーキング アソシエイト / 管理者、ワイヤレス サポート スペシャリスト、WLAN プロジェクト マネージャなど) の役割はきわめて重要性が高いとの考えに基づいています。
PassexamのCCNA Wireless資格200-355問題集を使用するだけで、直接に試験を受けてもいいです。
弊社のCCNA Wireless資格200-355参考書を使って、受験の得る新しい解決方法を提供して、8時間から12時間ぐらいかかるなら、一発合格が可能です。
弊社のCCNA Wireless資格200-355学習材料は真実の試験環境と同じです。
弊社のCCNA Wireless資格200-355試験材料を勉強することだけで楽に試験に合格することができます。

CCNA Wireless 認定では、ワイヤレス LAN (シスコ機器を使用したネットワークに特定) の設定、導入、およびサポートを行うためのスキルを認定します。

シスコの推奨トレーニングを受講すると、学習や演習を通して、SMB およびエンタープライズ ネットワークの Cisco WLAN において、基本的な設定、監視、およびトラブルシューティング タスクが実行できるようになります。

「Implementing Cisco Wireless Network Fundamentals」WIFUND 試験 (200-355) は、制限時間 90 分、出題数 60 - 70 問、試験言語 日本語、英語、試験登録 Pearson VUEのCCNA Wireless認定に関連する試験です。

CCNA Wireless資格200-355試験には、無線周波数 (RF) と 802.11 テクノロジーの概要、および中堅・中小企業やエンタープライズのワイヤレス ネットワークをサポートするために必要なインストール、設定、モニタ、基本的なトラブルシューティングの各タスクに関する知識が必要です。

弊社のCCNA Wireless資格200-355問題集を使用すれば、200-355試験合格に不可欠です。
弊社のCCNA Wireless資格200-355学習教材がどんな問題があっても、あるいは君の試験を失敗したら、私たちは全額返金するのを保証いたします。
弊社のCCNA Wireless資格200-355トレーニング教材を更新していきますと、最新の200-355試験内容を提供します。

200-355出題内容の詳細は以下のとおりです

1.0 RF の基礎  13%
2.0 802.11 テクノロジーの基礎  13%
3.0 ワイヤレス ネットワークの導入  16%
4.0 ワイヤレス ネットワークの操作  20%
5.0 クライアント接続の設定  16%
6.0 クライアント接続のトラブルシューティングの実行  13%
7.0 サイト調査プロセス  9%

弊社のCCNA Wireless資格200-355試験材料は二のバージョンです。
弊社のCCNA Wireless資格200-355のPDF版はいつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいので、通勤時間にてひたすら読るできます。
弊社のソフト版は真実のCCNA Wireless資格200-355試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
他のお客様のフィードバックによって、弊社のCCNA Wireless資格200-355問題集で受験した、908点を取りました。

【試験コード】
200-355

【受験日】
2017/01/12

【取得点】
908点

【受験回数】
1回目

【学習期間】
1ヶ月

【出題形式 】
選択問題(択一問題)、選択問題(複数回答)、ドラッグドロップ、穴埋め問題、ルータのシミュレーション、試験アップレット、シムレット

【試験時間 】
90 分

【参考にしたテキスト/Webサイト】
Passexamのみ

【学習方法】
Passexamのみ学習しました

【試験の感想】
200-355問題集を購入しました。試験を受け、予想問題がズバリ的中しました。
本当にありがとうございました。




posted by 猫さん at 16:15| Comment(0) | Cisco | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする