2018年03月10日

E20-368問題集、E20-368試験情報、E20-368受験体験記、E20-368受験対策、E20-368勉強資料

独学で、EMCIE XtremIO Solutions認定E20-368試験に合格したら、Passexamを使用してください。
Passexamは9割ぐらいEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368問題集を提供します。

弊社のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368勉強資料の使用は試験の合格に必要な知識を習得することができます。
弊社のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368受験対策を繰り返し解き90%以上正解できます。
実際の試験で95%の類似性を有する高品質のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368受験対策を持っています

EMCIE XtremIO Solutions認定E20-368受験体験記には、下記のとおりです

Passexamだけでも十分合格点に達することができると思う。

受験者は弊社のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368学習資料の参考に使用してから、出題内容を習得することができます。
弊社のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368勉強材料を購入するときには、一年で無料アップデートを取得します。
もし、EMCIE XtremIO Solutions認定E20-368試験材料を使用してから、不合格の場合、弊社で購入したお金を返金します。

E20-368試験情報:

「インプリメンテーション エンジニア向けXtremIO ソリューション スペシャリスト試験」試験 (E20-368) は、制限時間 90 分、出題数 約60問のEMCIE XtremIO Solutions認定に関連する試験です。

E20-368試験はテクノロジー アーキテクト向け XtremIO ソリューションとデザイン スペシャリスト バージョン 1.0 (EMCIE)資格認定試験です。

EMCIE XtremIO Solutions認定E20-368試験は、異種混在オープン システムと仮想環境でXtremIOストレージ システムの導入に関する知識とアクティビティに重点を置いています。

EMCIE XtremIO Solutions認定E20-368試験ではクラスタのインスール、初期構成、実装、ストレージへのホストのアクセス、ローカル レプリケーションの実装、パフォーマンスの監視と最適化、基本的なトラブルシューティングが含まれます。

最新のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368問題集での学習においても正確な暗記を心がける必要があると思います。
弊社のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368勉強資料を一通り勉強したら、きっと試験に合格することができます。
弊社のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368勉強資料の問題だけでは合格できます。

E20-368試験の出題範囲となる内容は次のとおりです。

XtremIOの基礎
? メリットと使用例
? システム アーキテクチャ、特長、機能
? 管理オプション

XtremIOハードウェアの基礎
? ハードウェア コンポーネントとクラスタ構成
? 入力電源要件、 レセプタクル

XtremIOのインストール
? インストールのためのサイトの準備と要件
? ラック設置、ケーブル接続、電源投入の手順
? 基本ネットワーク構成、電源投入の手順

XtremIOの初期構成
? Management Server(XMS)の構成
? クラスタ初期化の手順
? ESRSの構成

XtremIOの管理およびパフォーマンス監視
? XMSの操作
? XtremIOクラスタの監視と管理
? ホストへのストレージ プロビジョニング
? スナップショット、暗号化、重複排除
? クラスタの監視、アラート、レポート
? パフォーマンスの監視、管理
? 基本的なトラブルシューティング、可用性

弊社のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368勉強材料を使えば1週間で合格できたと思いますが、あえて時間をかけて勉強することができます。
弊社のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368問題集を利用した学習の方がより短時間で高得点を目指せると思います。
短期集中で勉強すれば、弊社のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368参考書で1~2週間で十分だと思います。
弊社のEMCIE XtremIO Solutions認定E20-368学習材料を使用すると、常に高いレベルに到達するための独自の知識を向上させています。
EMCIE XtremIO Solutions認定E20-368問題と答えを暗記しただけで、初心者としても10~20時間の独学で、時間が節約します。

1.Which key component within EMC XtremIO uses a proprietary algorithm dedicated to fast rebuilds of
data?
A. XDP
B. D@RE
C. RAID-DP
D. eMLC
Answer: A

2.Which key components within EMC XtremIO provide an enterprise grade of high availability?
A. Data-at-Rest Encryption and Snapshots
B. XtremIO Data Protection and Snapshots
C. Thin provisioning and Data-at-Rest Encryption
D. In-line Data Deduplication and Compression
Answer: B

3.A company is running large databases demanding many copies of production databases on-demand
with massive consolidation of dev/test application workloads.
They are looking for a solution that addresses their specific needs without high storage costs or a larger
storage footprint.
Which EMC XtremIO features address their needs?
A. Inline Deduplication and compression
B. High IOPS and ease of use
C. Ease of use and efficiency
D. Low latency and data protection
Answer: A

4.What is used to distribute the data between X-Bricks in a 4 X-Brick cluster?
A. InfiniBand
B. iSCSI
C. FC
D. FCoE
Answer: A

5.Which protocols are supported by XtremIO for host connectivity?
A. FC and iSCSI
B. NFS and FC
C. iSCSI and FCoE
D. FCoE
Answer: A





http://www.passexam.jp/EMCIE-XtremIO-Solutions.html
posted by 猫さん at 10:27| Comment(0) | EMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

E20-920の勉強方法はどのようにされましたか?

EMCCA認定E20-920試験では、クラウドおよびITaaS環境での堅牢なクラウドサービスの計画と設計に必要な知識とスキルに焦点を当てます。
E20-920の勉強方法はどのようにされましたか?
E20-920受験したら、参考した問題集はPassexamを勧めします。
PassexamのEMCCA認定E20-920問題集と同じ問題が出るので、完璧にしておくことをおすすめします。
弊社のEMCCA認定E20-920勉強資料で1日ほど勉強すると、試験に合格できます。
弊社のEMCCA認定E20-920学習材料の正答率を90%以上に上げることが必要です。
弊社のEMCCA認定E20-920参考書を勉強すれば、十分合格できると思います。
弊社のEMCCA認定E20-920トレーニング資料は完全な購入費用を返金することを保証します。

EMCCA認定E20-920受験体験記には、下記のとおりです

Passexamの問題集を常に98%ぐらい取れるようにひたすら。

E20-920試験概要:

試験名称:Cloud Services Expert Exam for Cloud Architects
試験時間:90分
問題数:60問
合格ライン:60

Dell EMCは、試験準備のための知識を評価するための無料の練習テストを提供しています。 練習テストでは、監督された試験で見つかるトピックや質問のタイプに精通することができます。 練習テストの結果は、あなたがプロキュアド試験のためにどのように準備されているかの1つの指標を提供し、さらに勉強して訓練する必要があるトピックを強調表示することができます。

弊社のEMCCA認定E20-920テキストでもしっかり勉強すれば合格できます。
弊社のEMCCA認定E20-920過去問を選択すると、1年で無料アップデートを提供しています。
最新のEMCCA認定E20-920試験資料を勉強したら、受験時は試験範囲を出題されることを発見することができます。
弊社のEMCCA認定E20-920問題集を勉強したら、1回だけ問題を解きました。

EMCCA認定E20-920試験がカバーする出題分野ならびに各分野の試験問題数に占める割合を以下に示します。

ITの変革とクラウドサービス(10%)
技術企画(30%)
ガバナンスの計画、セキュリティ、および信頼(18%)
財務計画(10%)
組織計画(10%)
サービスの創造と管理(15%)
クラウドサービスの新興動向(7%)

合格点が80%と非常に高いので、弊社のEMCCA認定E20-920勉強資料を完全にマスターし苦手分野を克服すれば、ぎりぎり合格点に届くと思います。
弊社のEMCCA認定E20-920テキストを使用すると、受験料も高いだけに気持ち的には楽に受けられます。
実際のEMCCA認定E20-920試験問題のすべてが含まれて、それだけでも試験に受かることができます。
弊社のEMCCA認定E20-920参考書を全て金にすれば合格でき、1回だけ問題を解きます。
君は受験の前に最新のEMCCA認定E20-920無料サンプルを査看してください。

1.A company that provides cloud services has operation processes in place for service delivery. The
following information is desired:
? Measure consumption against available resources
? Track usage thresholds
? Produce usage trending reports
What type of process would provide this information?
A. Incident Management
B. Capacity Management
C. Service Level Management
D. Availability Management
Answer: B
Explanation:
Automated capacity management capabilities offering the ability to track, report and predict capacity
issues.
Reference
https://www.emc.com/collateral/analyst-reports/h14744-state-of-it-transformation-english-financial.pdf?do
mainUrlForCanonical=https%3A%2F%2Fwww.emc.com

2.A company is designing their service catalog. They plan to manage access to offered services based on
the job functions of their consumers. What is this an example of?
A. Role-based access control
B. Single sign-on
C. Security profiles
D. Resource monitoring
Answer: A

3.An IT organization for a medium sized grocery retailer is considering adopting ITaaS. As a first step,
they performed an inventory of all existing IT capabilities to determine the ones that could be offered as
stand-alone services to their lines of business through a service catalog.
As a cloud architect on the IT team, what would you recommend?
A. Patch Management
B. Authentication
C. Network
D. Storage
Answer: A

4.You have been asked by a recently formed DevOps team to qualify the principles for Continuous
Delivery. Which method falls outside the practice of continuous delivery?
A. Use component-based architecture
B. Tie code releases to operational constraints
C. Automate the delivery pipeline
D. Deploy smaller code segments more often
Answer: C





posted by 猫さん at 16:18| Comment(0) | EMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

E20-562参考資料、E20-562学習材料、E20-562受験体験記、E20-562参考書、E20-562問題集

EMCSA VPLEX資格E20-562試験は、VPLEXシステムで管理されるストレージの構成と管理に重点を置いています。
E20-562試験は、Specialist - Systems Administrator、VPLEX(DECS-SA)の資格試験です。
E20-562試験を独学で勉強する場合、Passexamを最優先にすることが最も重要となります。
PassexamのEMCSA VPLEX資格E20-562参考資料はあなたの目標を達成するのに役立ちます。
弊社のEMCSA VPLEX資格E20-562問題集を使用すれば、何より多くのものを得ることができ、あなたは良い準備と完全な知識構造を持っている必要があります。
弊社のEMCSA VPLEX資格E20-562参考書を使用すると、ほとんど受験する人は3日ぐらい專門の知識を勉強することができます。
弊社のEMCSA VPLEX資格E20-562学習材料はPDF形式およびソフトウェアを提供し、通勤時間で勉強してもいいです。

E20-562受験体験記には、下記のとおりです

選択問題に関しては、Passexamで十分。
模擬で80~95%取れるくらいまでした。

E20-562試験概要:

試験名称:Specialist, Systems Administrator | VPLEX Exam
問題数:60問
試験時間:90分
合格点:63

EMCSA VPLEX資格E20-562試験には、ストレージのプロビジョニングとコンシステンシ?グループおよび分散ボリュームの使用、VPLEXアーキテクチャの管理、VPLEXシステムの運用面の管理と監視、および保守が含まれます。 また、RecoverPointとMetroPointでVPLEX仮想ボリュームを保護する方法についても説明します。

Dell EMCは、試験準備のための知識を評価するための無料の練習テストを提供しています。

EMCSA VPLEX資格E20-562テストでは、監督された試験で見つかるトピックや質問のタイプに精通することができます。

EMCSA VPLEX資格E20-562テストの結果は、あなたがプロキュアド試験のためにどのように準備されているかの1つの指標を提供し、さらに勉強して訓練する必要があるトピックを強調表示することができます。

実際きちんと最新のEMCSA VPLEX資格E20-562問題集で勉強すれば、独学でも合格できるレベルの試験になります。
弊社のEMCSA VPLEX資格E20-562試験資料を使用すれば、実務でも役立つ操作を覚えることができます。
弊社のEMCSA VPLEX資格E20-562参考書は出題範囲が決まっているので、効率よく覚えれば短期間でも勉強できるのです。

E20-562認定試験がカバーする出題分野ならびに各分野の試験問題数に占める割合を以下に示します。

VPLEXのコンセプト(25%)
VPLEXの用語と構成
VPLEX製品のハードウェアおよびソフトウェア?アーキテクチャ
VS2とVS6テクノロジのVPLEXアプリケーションとVS2からのアップグレード?VS6
VPLEX I / O操作

VPLEXストレージ?プロビジョニング(35%)
仮想ボリュームのプロビジョニング
既存の環境にVPLEXを統合し、カプセル化するストレージ
VPLEX分散デバイスの作成
VPLEXデバイスのデバイスおよびエクステント管理

ボリューム管理と保護(25%)
VPLEXデバイスの拡張
VPLEXを使用したデータ移行の実行

RecoverPointVPLEXによるVPLEXの監視(15%)
VPLEXイベントとESRSゲートウェイへのシステム?レポート
SNMPデータ収集
VPLEXのパフォーマンス?モニタの設定
VPLEXでの監視データの分析

最新のEMCSA VPLEX資格E20-562テキストは、良く出題される問題を分析して合格に必要な実力をつけることができます。
弊社のEMCSA VPLEX資格E20-562練習問題集を勉強することによって、とても効率よく受験準備をすることができます。
EMCSA VPLEX資格E20-562問題の内容を理解して正しい知識を身につけることです

1.Which protocol does the service laptop use to communicate with and maintain an EMC VPLEX environment?
A. SSH
B. SNMP
C. Telnet
D. UDP
Answer: D

2.What condition would prevent volume expansion?
A. Migration occurring on the volume
B. Volume not belonging to a consistency group
C. Metadata volume being backed up
D. Logging volume in re-synchronization state
Answer: A

3.A storage administrator wants to view additional performance metrics for their VPLEX cluster. The administrator runs the report create-monitors command to help with this task.
A. Disks, ports, and volumes
B. Disks, volumes, and hosts
C. Disks, storage views, and ports
D. Disks, initiators, and storage volumes
Answer: A

4.What is required before a host can detect the virtual volumes presented by the VPLEX?
A. Virtual volumes can only be detected after a reboot
B. RAID configuration must be enabled for Virtual volumes
C. EZ Provisioning wizard must be run on the host
D. Host must initiate a bus-scan of the HBAs
Answer: D

5.What is a consideration for using a VPLEX logging volume?
A. Must be created on each VPLEX cluster before creating a distributed device
B. Automatically provisioned at each VPLEX cluster when the distributed device is created
C. A distributed device must be created before a logging volume can be created
D. VIAS can be used to create a logging volume at each cluster
Answer: A

6.Using the Storage Volume expansion method for virtual volumes built on RAID-1 or distributed RAID-1 devices, what is the maximum number of initialization processes that can run concurrently, percluster?
A. 100
B. 250
C. 500
D. 1000
Answer: D

7.Which type of volumes has individual synchronized copies of data (mirrors) in more than one cluster?
A. Distributed device
B. Extent
C. Storage volume
D. Virtual volume
Answer: D

8.Which type of statistics is used to track latencies, determine median, mode, percentiles, minimums, and maximums?
A. Buckets
B. Monitors
C. Readings
D. Counters
Answer: A

9.What steps are performed during extent and device migration?
A. Start, commit, clean, and remove
B. Start, commit, clean, and terminate
C. Create, commit, clean, and terminate
D. Create, clean, commit, and remove
Answer: C

10.What can be used to monitor VPLEX performance parameters?
A. VPLEX Cluster Witness
B. Unisphere Performance Monitor Dashboard
C. EMC SolVe Desktop
D. EMCREPORTS utility
Answer: B

11.What are the two common use cases of the VPLEX Mobility feature?
A. NDU upgradesContinuous Data Protection
B. Workload RebalanceDeduplication
C. Workflow AutomationTech Refresh
D. Tech RefreshWorkload Rebalance
Answer: D

12.At which stage of configuring a virtual volume on VPLEX is the RAID level defined?
A. Claimed volume
B. Device
C. Storage volume
D. Extent
Answer: C






posted by 猫さん at 17:40| Comment(0) | EMC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする