2017年03月11日

Cloudera CCAH認定CCA-500学習資料を勉強したら、1回だけ問題を解きます

トップの管理者が使用する方法を知っていますか?
Cloudera Apache Hadoop 認定管理者 (CCAH)認定をおすすめします。
CCA-500試験を取得するには、Cloudera CCAH認定の要件をしっかりと理解する必要があります。
Cloudera Apache Hadoop認定管理者(CCAH)認定資格を取得した方は、Apache Hadoopクラスタの技術的な知識、スキル、設定、デプロイ、維持管理、およびセキュア化の能力を示しています。
Cloudera CCAH認定CCA-500試験の難易度が難しく、PassexamのCCA-500問題集を主にするのがいいと思います。
仕事をしている方なら、PassexamのCloudera CCAH認定CCA-500問題集中心の勉強でいいと思います。
Passexamは最も的中率が高いCloudera CCAH認定CCA-500問題内容を含まれてます。
良いCloudera CCAH認定CCA-500試験の勉強法は初心者としてもCCA-500試験に合格することができます。
弊社のCloudera CCAH認定CCA-500学習資料を勉強したら、1回だけ問題を解きます。

CCA-500試験概要:
試験コード: CCA-500
(日本語の試験は CCA-500-JPN でお申し込みください)
試験名称:Cloudera Certified Administrator for Apache Hadoop (CCAH)
問題数: 60 問
制限時間: 90 分
合格点: 70%
言語: 英語、日本語
価格: USD $295, 35,000円

CCA-500試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます
1. HDFS (17%)
HDFSデーモンの機能を説明する
データストレージおよびデータ処理の両方について、Apache Hadoopクラスタの正常な動作を説明する
Apache Hadoopのようなシステムの契機となる現代のコンピューティングシステムの機能を示す
HDFSの設計の大きな目標を分類する
HDFS HA(高可用性)クォーラムでのクラスタのコンポーネントとデーモンを示す
HDFSのセキュリティの役割を分析する(Kerberos)
与えられたシナリオにおいて最適なデータシリアライゼーションの選択を決定する
Hadoopファイルシステムのシェルでファイルを操作するコマンドを示す

2. YARNとMapReduceバージョン2(MRv2)(17%)
Hadoop 1からHadoop 2にクラスタをアップグレードすると、クラスタの設定がどのように影響されるのかを理解する
MapReduce v2(MRv2)の基本的な設計戦略の理解
YARNで実行されているのMapReduceジョブのワークフローを示す
YARNで実行されているMapReduceのバージョン2(MRv2)に、MapReduce バージョン1(MRv1)からYARNで実行されるMapReduce バージョン2にクラスタを移行するために、変更しなければならないファイルとどのように行うかを示す

3. Hadoopのクラスタ計画(16%)
Apache Hadoopクラスタをホストするために、ハードウェアとオペレーティングシステムを選択する際に考慮すべき主なポイント
カーネルのチューニングやディスクスワップの理解
与えられたシナリオとワークロードパターンにおいて、シナリオに適切なハードウェア構成を示す
クラスタのサイジング:与えられたシナリオと実行の頻度において、CPU、メモリ、ストレージ、ディスクI/Oを含むワークロードの特徴を示す
ネットワークトポロジ:(HDFSとMapReduceの両方のために)Hadoopのネットワークの使用についての理解と、与えられたシナリオにおけるキーとなるネットワーク設計コンポーネントを示す

4. Hadoopクラスタのインストールと管理(25%)
与えられているシナリオにおいて、クラスタはディスクとマシンの障害をどのように処理するのかを示す
ロギングの設定およびロギングの設定ファイルのフォーマットを分析
Hadoopのメトリクスとクラスタのヘルス監視の基本の理解
クラスタの監視に利用できるツールの機能と目的を示す
Impala、Flume、Oozie、Hue、Cloudera Manager、Sqoop、Hive、Pigを含む(がこれに限らない)、CDH 5のエコシスムのコンポーネントをインストールできる
Apache Hadoopのファイルシステムを管理するために利用可能なツールの機能と目的を示す

5. リソース管理(10%)
Hadoopの各スケジューラの全体的な設計目標の理解
与えられたシナリオにおいて、FIFOスケジューラがクラスタリソースを割り当てる方法を示す
与えられたシナリオにおいて、YARNでフェアスケジューラがクラスタリソースを割り当てる方法を示す
与えられたシナリオにおいて、キャパシティスケジューラがクラスタリソースを割り当てる方法を示す

6. 監視とロギング(15%)
Hadoopのメトリック収集機能と特徴の理解
NameNodeとJobTrackerのWeb UIを分析
クラスタデーモンを監視する方法の理解
マスターノードのCPU使用率の識別と監視
すべてのノードでスワップおよびメモリ割り当てを監視する方法について説明する
Hadoopのログファイルの表示および管理する方法を示す
ログファイルの解釈

Cloudera CCAH認定CCA-500試験内容を身につけるというより、完全にCCA-500試験に合格することだけを目的とした勉強法になります。
勉強される方はPassexamのCloudera CCAH認定CCA-500問題集を読みこんでから始めたほうがいいと思います。
最新のCloudera CCAH認定CCA-500試験材料に手をつけたときの正答率は9割くらいです。
弊社のCloudera CCAH認定CCA-500勉強材料だけ完璧に学習しても試験合格は高いです。
もし、Cloudera CCAH認定CCA-500テキストを購入し、試験を受けましたが落ちて場合、アカウントに返金いたします。




posted by 猫さん at 15:29| Comment(0) | Cloudera学習資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする