2017年07月01日

独学でPassexamのみ3日でVeritas NetBackup 認定VCS-274合格可能だと思います

どのようにあなたがVCS-274試験に合格確実にするために、この試験の準備をしますか?
VCS-274試験の難易度が難しく、PassexamのVeritas NetBackup 認定VCS-274問題集を主にするのがいいと思います。
勉強される方はPassexamのVCS-274問題集を読みこんでから始めたほうがいいと思います。
理解した知識を応用したVeritas NetBackup 認定VCS-274問題が出題されるため、問題集の問題だけでは合格できます。
弊社のVeritas NetBackup 認定VCS-274勉強資料は受験者が模擬試験場で勉強させます。
弊社のVeritas NetBackup 認定VCS-274テキストを読破し、問題集を繰り返し解くことで理解できます。
弊社のVeritas NetBackup 認定VCS-274試験材料を使用すれば、簡単に試験に合格できることを保証します。

VCS-274試験概要:

VCS-274試験に合格すると、Veritas Certified Specialist(VCS)認定が取得され、Data ProtectionのVeritas Certified Professional(VCP)認定資格要件が適用されます。
VCS-274試験はNetBackupバージョン7.7を構成および管理するために必要な知識とスキルを備えていることを検証する製品/バージョンレベルの技術試験で構成されています。
「Administration of Veritas NetBackup 7.7」 試験 (E_HANABW151) は、制限時間 90 分、出題数 70-80 問、試験言語 英語、日本語、合格ライン 65%、試験料 225米ドルのVeritas NetBackup認定に関連する試験です。

おすすめサイト:

独学でPassexamのみ3日でVeritas NetBackup 認定VCS-274合格可能だと思います。
弊社のVeritas NetBackup 認定VCS-274受験対策を勉強したら、あなたが時間と試験の経済的コストを削減することができます。
最新のVeritas NetBackup 認定VCS-274問題集はPDF版及びソフト版を提供します。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
ソフト版:真実のVeritas NetBackup 認定VCS-274試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
返金保証制度:もし、弊社のVeritas NetBackup 認定VCS-274受験対策を使用してから、不合格の場合、弊社で購入したお金を返金します。
もし、Veritas NetBackup 認定VCS-274試験に不合格の場合、不合格証明書スキャンをメールで弊社に送ってもいいです。
Veritas NetBackup 認定VCS-274問題と解答を暗記しただけで、試験に合格することができます。

1.An administrator needs to prevent users on all client systems from performing user-directed restores
while ensuring they are able to view the contents of all previous backup images.
What should the administrator configure to accomplish this goal?
A. enable the Master Server Host Property - Browse timeframe for restores
B. enable the Master Server Host Property for clients listed in the Client Attribute - Allow browse
C. de-select the "Allow server file writes" parameter in the Host Properties of the Master Server
D. de-select the "Allow client restore" parameter in the Host Properties of the Master Server
Answer: D

2.Which parameter in NetBackup Management > Host Properties must be modified to change the logging
level to 5 for client1.domain?
A. Master Servers> [master_server_name] >Logging> Global logging level
B. Clients> [client_name] >Logging> Global logging level
C. Master Servers> [master_server_name] >Logging> Enable robust logging
D. Clients> [client_name] >Logging> Enable robust logging
Answer: B

3.Weekly full backups run for clientA on master1 using a storage unit that belongs to medial. The
administrator is required to retain clientA's full backups for a period of four months. When the
administrator modifies the Full schedule, four months is missing from the selection list.
Where should the administrator add the four-month retention period under Host Properties?
A. Master Servers > master1 > Retention Periods
B. Clients> clientA > Global Attributes
C. Media Servers > medial > Retention Periods
D. Master Servers > master1 > Global Attributes
Answer: A

4.Where should the administrator set the parameter in the Host Properties to enable failed restore jobs to
automatically retry on Client1?
A. Clients> Client1 > Universal Settings> Restore retries
B. Master Server> Client Attributes> Client1 >General> Restore retries
C. Clients> Client1 > Client Settings> Restore retries
D. Master Server> Client Attributes> Client1 > Restore retries
Answer: A

5.An administrator wants to specify which networks or interfaces to use for outgoing NetBackup traffic
from a selected host.
Which option under Master Server Host Properties should the administrator use to configure this?
A. Preferred Network
B. Port Ranges
C. Network Settings
D. Bandwidth
Answer: D

posted by 猫さん at 11:52| Comment(0) | Veritas問題集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

VCS-322テキストを読破し、問題集を繰り返し解くことで理解できます

Veritas Enterprise Vault認定を目指すのならば一番のお勧めはVCS-322です。
知識ほぼゼロ受験者が、PassexamのVeritas Enterprise Vault認定VCS-322問題集を読むとさすがに合格できるようです。
弊社のVeritas Enterprise Vault認定VCS-322学習材料を使用すると、常に高いレベルに到達するための独自の知識を向上させています。
3日ぐらいで弊社のVeritas Enterprise Vault認定VCS-322テキストを使用ほうがいいと思います。
初心者の方はVeritas Enterprise Vault認定VCS-322参考書がもっと充実してから、問題を覚えるまで繰り返す、きっと試験に合格できます。
最新のVeritas Enterprise Vault認定VCS-322受験対策は一通りの勉強が出来るテキストを勉強した方が理解が早いと思います。

Veritas Enterprise Vault認定VCS-322(Administration of Veritas Enterprise Vault 12.x)認定試験では顧客を管理上の対象とし、導入、構成、展開、製品管理、管理、日々のメンテナンス、基本的なトラブルシューティングです。
認定されたエンドユーザーは、Veritas Enterprise Vault 12.xのインストール、構成、展開、管理、保守、およびトラブルシューティングについて理解しています。
この理解は、企業情報を保持し保護する企業の能力を向上させるために、企業環境でVeritas Enterprise Vault 12.xを積極的に管理するための知識の基礎となります。
VCS-322試験に合格すると、Veritas Certified Specialist(VCS)認定が取得され、Archiving and eDiscoveryのVeritas Certified Professional(VCP)認定資格要件が適用されます。
注:この製品を以前に経験していない場合は、VCS試験の準備として、教室内トレーニングまたは仮想アカデミーの仮想教室トレーニングコースを受講することをお勧めします。

VCS-322試験概要:

試験番号:VCS-322
試験名称:Administration of Veritas Enterprise Vault 12.x
問題数:75 - 85問
試験時間:105分
合格ライン:69%
受験料:225ドル
試験言語:英語

推奨コース:

Veritas Enterprise Vault 12.x:管理I
Veritas Enterprise Vault 12.x:管理II
Veritas Enterprise Vault 12.x:実装と導入

推奨される準備ステップ:

1、試験の目的(PDF):試験の目的をダウンロードしてレビューし、認定試験の対象範囲を理解してください。
2、上記の推奨トレーニングクラスに参加してください。
3、スタディガイド(PDF):関連レッスンコースの主なレッスンやトピックを認定試験の試験目的にマッピングするスタディガイドを確認します。
4、製品の実践経験を積む。 本番環境またはラボ環境では、Veritas Enterprise Vault 12.xを使用して3?6ヶ月の作業経験があることが推奨されます。
5、サンプル試験(PDF):サンプル試験を使用して、あなた自身とあなたの試験対策スキルをテストしてください。

次のサポート製品、スキル、およびテクノロジーに精通している必要があります。

Microsoft Windows Serverの管理とメンテナンス
Microsoft Exchange
Microsoftインターネットインフォメーションサービス(IIS)
Microsoft SQL Server

公式のテキストを一通り学習した後、じっくり勉強をされるようであれば、PassexamのVeritas Enterprise Vault認定VCS-322問題集が良いと思います
弊社のVeritas Enterprise Vault認定VCS-322(Administration of Veritas Enterprise Vault 12.x)受験対策で正解までの考え方を含めて理解すれば合格できます。
最新のVeritas Enterprise Vault認定VCS-322試験材料を使用すると、1回で受ければ、受験料も高いだけに気持ち的には楽に受けられます。
弊社のVeritas Enterprise Vault認定VCS-322テキストを読破し、問題集を繰り返し解くことで理解できます。
部分のVeritas Enterprise Vault認定VCS-322無料サンプルを体験することができます。

1.Topic 1, Explain the technological benefits of EV 12 for Exchange
What are two capabilities of enabling Veritas Enterprise Vault 12.x for Exchange for Outlook Web
Access/App (OWA) users? (Select two.)
A. enables remote access via OWA with Safari browser
B. provides remote access to multiple user archives
C. enables IMAP access for mobile devices
D. enables Virtual Vault for OWA users
E. enables Vault Cache for OWA users
Answer: A, B

2.What are two benefits of Veritas Enterprise Vault 12.x for Exchange? (Select two.)
A. it archives directly to tape
B. it facilitates faster backup of the messaging servers
C. it is unnecessary to backup Exchange when Journaling is enabled
D. it automatically duplicates archive data
E. it provides OSIS for archived email
Answer: B, E

3.Which two key benefits are provided by Veritas Enterprise Vault 12.x ? (Select two.)
A. it natively archives all structured data
B. it archives unstructured data
C. it allows administrators to import PST files into the archive
D. it eliminates the need for backups
E. it eliminates the need for centralized information management
Answer: B, C

4.Veritas Enterprise Vault 12.x for Exchange converts mail message attachments in order to ensure future
proofing.
Which file format is used?
A. .dvs
B. .xml
C. .html
D. .tif
Answer: C

5.Topic 2, Describe the components of EV 12 for Exchange
How many document types can be converted by Veritas Enterprise Vault 12.x indexing?
A. less than 100
B. approximately 200
C. approximately 400
D. more than 1000
Answer: C




posted by 猫さん at 15:18| Comment(0) | Veritas問題集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする