2017年09月11日

Veritas NetBackup認定VCS-274参考書がもっと充実してから、問題を覚えるまで繰り返す、きっと試験に合格できます

Veritas NetBackup認定取得を目指しているものですか?
VCS-274認定試験では、構成、製品管理、日常の監視、保守、および基本的なトラブルシューティングなどの要素に対する技術知識を測定するコア要素をカバーします。
VCS-274はNetBackupバージョン7.7の構成と保守に必要な知識とスキルを備えていることを検証する製品/バージョンレベルの技術試験で構成されています。
VCS-274試験に合格すると、Veritas Certified Specialist(VCS)認定が取得され、Data ProtectionのVeritas Certified Professional(VCP)認定資格要件が適用されます。
PassexamのVeritas NetBackup認定VCS-274問題集を利用した学習の方がより短時間で高得点を目指せると思います。
弊社のVeritas NetBackup認定VCS-274参考書を使用すると、VCS-274試験に初挑戦で正答率90%になります 。
最新のVeritas NetBackup認定VCS-274試験のテキストを熟読してから、高得点で合格できました。

VCS-274試験概要:

試験番号:VCS-274
試験名称:Administration of Veritas NetBackup 7.7
問題数:70-80問
試験時間:90分
合格ライン:65%
試験言語:英語、日本語
受験料:225ドル

注:この製品を以前に経験していない場合は、VCS試験の準備として、教室内トレーニングまたは仮想アカデミーの仮想教室トレーニングコースを受講することをお勧めします。 トレーニングコースに参加しても、認定試験の通過は保証されません。

基本的なNetBackupのアーキテクチャについて説明します。

NetBackup製品の機能、オプション、転送モード、および高度なファイルシステムのバックアップ方法(Bare Metal Restore(BMR)、NetBackup Vault、エンタープライズクライアント、SANクライアント、OpsCenter、データベースエージェント、仮想マシン保護、メディアサーバーなど)について説明します。 OST、NetBackupアクセラレータ、ストレージライフサイクルポリシー、レプリケーションディレクタ、およびNetBackupアクセスコントロール)をサポートしています。
NetBackup管理コンソールを使用して、デバイス、ストレージユニット、ボリューム、およびボリュームプールを含むNetBackupのコアコンポーネントを構成します。
メディアサーバーとクライアント側重複排除を含むストレージサーバーとディスクプールを構成します。
バックアップポリシーの属性、スケジュール、クライアント、およびバックアップ選択リストを構成します。
ストレージライフサイクルポリシーを構成します。
バックアップ、複製、リストアの実行と監視
レポートを分析し、アクティビティログをレビューすることにより、NetBackup環境の日常的なアクティビティと可用性を監視します。
テープドライブの動作を確認し、メディアのローテーションと可用性を維持します。
ディスクストレージデバイスの管理と保守
基本的なNetBackupの問題をトラブルシューティングまたは診断します。
NetBackupリリースのアップデートにアクセスしてインストールします。
NetBackupのマニュアルとオンラインナレッジベースにアクセスします。
NetBackupカタログのバックアップを構成し、基本的なカタログリカバリを実行します。
管理コンソールでNetBackupホストのプロパティと設定を使用して、基本的なチューニングを実行します。

最新のVeritas NetBackup認定VCS-274試験材料を勉強しとけば、Passできます。
初心者の方はVeritas NetBackup認定VCS-274参考書がもっと充実してから、問題を覚えるまで繰り返す、きっと試験に合格できます。
弊社のVeritas NetBackup認定VCS-274学習材料の内容理解して、問題を丁寧に解いていけば、だれでも合格できる資格だと思います。
最新のVeritas NetBackup認定VCS-274受験対策を使用すると、1回で受ければ、受験料も高いだけに気持ち的には楽に受けられます。
Veritas NetBackup認定VCS-274問題と答えを見てください。

1.An administrator needs to prevent users on all client systems from performing user-directed restores
while ensuring they are able to view the contents of all previous backup images.
What should the administrator configure to accomplish this goal?
A. enable the Master Server Host Property - Browse timeframe for restores
B. enable the Master Server Host Property for clients listed in the Client Attribute - Allow browse
C. de-select the "Allow server file writes" parameter in the Host Properties of the Master Server
D. de-select the "Allow client restore" parameter in the Host Properties of the Master Server
Answer: D

2.Which parameter in NetBackup Management > Host Properties must be modified to change the logging
level to 5 for client1.domain?
A. Master Servers> [master_server_name] >Logging> Global logging level
B. Clients> [client_name] >Logging> Global logging level
C. Master Servers> [master_server_name] >Logging> Enable robust logging
D. Clients> [client_name] >Logging> Enable robust logging
Answer: B

3.Weekly full backups run for clientA on master1 using a storage unit that belongs to medial. The
administrator is required to retain clientA's full backups for a period of four months. When the
administrator modifies the Full schedule, four months is missing from the selection list.
Where should the administrator add the four-month retention period under Host Properties?
A. Master Servers > master1 > Retention Periods
B. Clients> clientA > Global Attributes
C. Media Servers > medial > Retention Periods
D. Master Servers > master1 > Global Attributes
Answer: A

4.Where should the administrator set the parameter in the Host Properties to enable failed restore jobs to
automatically retry on Client1?
A. Clients> Client1 > Universal Settings> Restore retries
B. Master Server> Client Attributes> Client1 >General> Restore retries
C. Clients> Client1 > Client Settings> Restore retries
D. Master Server> Client Attributes> Client1 > Restore retries
Answer: A

5.An administrator wants to specify which networks or interfaces to use for outgoing NetBackup traffic
from a selected host.
Which option under Master Server Host Properties should the administrator use to configure this?
A. Preferred Network
B. Port Ranges
C. Network Settings
D. Bandwidth
Answer: D

posted by 猫さん at 15:28| Comment(0) | Veritas問題集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

Veritas NetBackup資格VCS-277練習問題集を勉強することだけで楽に試験に合格することができます

どのようにVCS-277試験を受験しますか?
VCS-277は、NetBackupバージョン8.0およびNetBackupアプライアンス3.0の構成と保守に必要な知識とスキルを備えていることを検証する製品/バージョンレベルの技術試験で構成されています。
VCS-277試験に合格すると、Veritas Certified Specialist(VCS)認定が取得され、Data ProtectionのVeritas Certified Professional(VCP)認定資格要件が適用されます。
短期間で効率的にVCS-277試験に合格できる独学勉強法を紹介します。
VCS-277試験を受けたいならば、PassexamのVeritas NetBackup資格VCS-277問題集を使うと思います。
PassexamのVeritas NetBackup資格VCS-277参考書を重点的に勉強して、必要な知識を暗記するのが効果的な勉強法になります。
もし、Veritas NetBackup資格VCS-277試験に合格しない場合は、全額返金します。
最も的中率のVeritas NetBackup資格VCS-277参考書を提供し、真実の試験と同じの質問数を使用すれば、きっと試験をパスできます。

VCS-277試験概要:

試験名称:Administration of Veritas NetBackup 8.0 and NetBackup Appliances 3.0
問題数:75 - 85
試験時間:105
合格ライン:68%
試験言語:英語
試験料:225米ドル

推奨コース:

Veritas NetBackup 8.0:管理
Veritas NetBackup 8.0:高度な管理
Veritas NetBackupアプライアンス2.7.x:構成と管理

注:この製品を以前に経験していない場合は、VCS試験の準備として、教室内トレーニングまたは仮想アカデミーの仮想教室トレーニングコースを受講することをお勧めします。

弊社のVeritas NetBackup資格VCS-277学習材料を使用すると、トレーニングコースに参加しない場合、認定試験の通過は保証されます。
弊社のVeritas NetBackup資格VCS-277問題集はあなたの独自の品質を向上させるだけでなく、完璧な人生価値を実現することも助けます。
弊社のVeritas NetBackup資格VCS-277試験のテキストは一週間に時間ぐらいかかるなら、内容を覚えるだけいいです。
最新のVeritas NetBackup資格VCS-277練習問題集を勉強することだけで楽に試験に合格することができます。
Veritas NetBackup資格VCS-277問題と答えを暗記しただけで、素人としても合格できます。

1.How can an administrator copy an existing backup image of client1.example.com from an Advanced
Disk storage unit to a Media Server Deduplication Pool (MSDP)?
A. run bpimport with the source and the destination storage unit
B. create a Storage Lifecycle Policy that contains a duplication to the MSDP pool
C. run bpduplicate with the backup ID and the destination storage unit
D. run nbreplicate with the backup ID and the destination storage unit
Answer: D

2.An administrator has a backup policy with the following attributes:
5 paths listed in the Backup Selections list
3 clients listed in the Clients list
Allow multiple data streams is selected
Max Jobs per Client value set to 4
How many jobs go Active when the job is started, excluding parent jobs?
A. 8
B. 9
C. 12
D. 15
Answer: C

3.How can an administrator determine the storage and database paths for a Media Server Deduplication
Pool?
A. run the Configure Disk Storage Server wizard for the MSDP
B. view Storage Unit > View Properties for the MSOP storage unit
C. view Disk Pool > Disk volumes for the MSDP disk pool
D. view Storage Server > Properties for the storage server
Answer: C

4.Which command can an administrator run to test and analyze connections between master servers,
media servers, and clients for multiple Net Back up ports?
A. bperror
B. bpconfig
C. bpresolver
D. bptestnetconn
Answer: D

posted by 猫さん at 16:52| Comment(0) | Veritas問題集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

独学でPassexamのみ3日でVeritas NetBackup 認定VCS-274合格可能だと思います

どのようにあなたがVCS-274試験に合格確実にするために、この試験の準備をしますか?
VCS-274試験の難易度が難しく、PassexamのVeritas NetBackup 認定VCS-274問題集を主にするのがいいと思います。
勉強される方はPassexamのVCS-274問題集を読みこんでから始めたほうがいいと思います。
理解した知識を応用したVeritas NetBackup 認定VCS-274問題が出題されるため、問題集の問題だけでは合格できます。
弊社のVeritas NetBackup 認定VCS-274勉強資料は受験者が模擬試験場で勉強させます。
弊社のVeritas NetBackup 認定VCS-274テキストを読破し、問題集を繰り返し解くことで理解できます。
弊社のVeritas NetBackup 認定VCS-274試験材料を使用すれば、簡単に試験に合格できることを保証します。

VCS-274試験概要:

VCS-274試験に合格すると、Veritas Certified Specialist(VCS)認定が取得され、Data ProtectionのVeritas Certified Professional(VCP)認定資格要件が適用されます。
VCS-274試験はNetBackupバージョン7.7を構成および管理するために必要な知識とスキルを備えていることを検証する製品/バージョンレベルの技術試験で構成されています。
「Administration of Veritas NetBackup 7.7」 試験 (E_HANABW151) は、制限時間 90 分、出題数 70-80 問、試験言語 英語、日本語、合格ライン 65%、試験料 225米ドルのVeritas NetBackup認定に関連する試験です。

おすすめサイト:

独学でPassexamのみ3日でVeritas NetBackup 認定VCS-274合格可能だと思います。
弊社のVeritas NetBackup 認定VCS-274受験対策を勉強したら、あなたが時間と試験の経済的コストを削減することができます。
最新のVeritas NetBackup 認定VCS-274問題集はPDF版及びソフト版を提供します。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
ソフト版:真実のVeritas NetBackup 認定VCS-274試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
返金保証制度:もし、弊社のVeritas NetBackup 認定VCS-274受験対策を使用してから、不合格の場合、弊社で購入したお金を返金します。
もし、Veritas NetBackup 認定VCS-274試験に不合格の場合、不合格証明書スキャンをメールで弊社に送ってもいいです。
Veritas NetBackup 認定VCS-274問題と解答を暗記しただけで、試験に合格することができます。

1.An administrator needs to prevent users on all client systems from performing user-directed restores
while ensuring they are able to view the contents of all previous backup images.
What should the administrator configure to accomplish this goal?
A. enable the Master Server Host Property - Browse timeframe for restores
B. enable the Master Server Host Property for clients listed in the Client Attribute - Allow browse
C. de-select the "Allow server file writes" parameter in the Host Properties of the Master Server
D. de-select the "Allow client restore" parameter in the Host Properties of the Master Server
Answer: D

2.Which parameter in NetBackup Management > Host Properties must be modified to change the logging
level to 5 for client1.domain?
A. Master Servers> [master_server_name] >Logging> Global logging level
B. Clients> [client_name] >Logging> Global logging level
C. Master Servers> [master_server_name] >Logging> Enable robust logging
D. Clients> [client_name] >Logging> Enable robust logging
Answer: B

3.Weekly full backups run for clientA on master1 using a storage unit that belongs to medial. The
administrator is required to retain clientA's full backups for a period of four months. When the
administrator modifies the Full schedule, four months is missing from the selection list.
Where should the administrator add the four-month retention period under Host Properties?
A. Master Servers > master1 > Retention Periods
B. Clients> clientA > Global Attributes
C. Media Servers > medial > Retention Periods
D. Master Servers > master1 > Global Attributes
Answer: A

4.Where should the administrator set the parameter in the Host Properties to enable failed restore jobs to
automatically retry on Client1?
A. Clients> Client1 > Universal Settings> Restore retries
B. Master Server> Client Attributes> Client1 >General> Restore retries
C. Clients> Client1 > Client Settings> Restore retries
D. Master Server> Client Attributes> Client1 > Restore retries
Answer: A

5.An administrator wants to specify which networks or interfaces to use for outgoing NetBackup traffic
from a selected host.
Which option under Master Server Host Properties should the administrator use to configure this?
A. Preferred Network
B. Port Ranges
C. Network Settings
D. Bandwidth
Answer: D

posted by 猫さん at 11:52| Comment(0) | Veritas問題集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする