2017年06月24日

250-272勉強資料を使用すると、短時間で試験に十分に準備させることができます

Symantec SCS NetBackup資格取得方法は何でしょうか?
Symantec SCS NetBackupは250-272認定試験に合格することで得られる資格の一つです。
250-272認定試験に合格を心配している場合は、あなたを助けるためにPassexamの学習材料を選択してください。
PassexamのSymantec SCS NetBackup資格250-272問題集を選択し、受験者のために最も適しています。
最新のSymantec SCS NetBackup資格250-272参考書はPDF版及びソフト版を提供します。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
ソフト版:真実のSymantec SCS NetBackup資格250-272試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
丸暗記方法、実際の250-272試験時の応用問題を解くのに苦労しました。
最新のSymantec SCS NetBackup資格250-272勉強資料を使用すると、短時間で試験に十分に準備させることができます。

250-272試験概要:

試験番号:250-272
試験名称:Administration of Symantec NetBackup 7.6.1
問題数:70 - 80問
試験時間:90分
合格ライン:65%
試験言語:英語
受験料:150米ドル
250-272認定試験はNetBackupバージョン7.6.1の構成およびメンテナンスに必要な知識とスキルを備えていることを検証する製品/バージョンレベルの技術試験で構成されています。
250-272認定試験では、構成、製品管理、日常の監視、保守、および基本的なトラブルシューティングなどの要素に対する技術知識を測定するコア要素をカバーする

推奨される準備:
以下に、このレベルの専門知識を達成するための推奨される準備が含まれています。
試験の目的(PDF)
学習ガイドは、推奨される5日間の訓練コースに参加した人を対象としています。この自己学習ガイドは、対応する認定試験の主なレッスンとトピックを要約しています。
サンプル試験
推奨される最低6?12か月間の経験(NetBackup 7.6.1の管理またはテクニカルサポートでの作業)。
サポートされるプラットフォーム、オペレーティングシステム、およびネットワーキングの概念に関する知識
ストレージ、仮想化、データ保護の概念に関する知識

NetBackup 7.6.1の製品マニュアル:
実地体験(実世界または仮想):
基本的なNetBackupのアーキテクチャについて説明します。
NetBackup製品の機能、オプション、転送モード、および高度なファイルシステムのバックアップ方法(Bare Metal Restore(BMR)、NetBackup Vault、エンタープライズクライアント、SANクライアント、OpsCenter、データベースエージェント、仮想マシン保護、メディアサーバーなど)について説明します。 OST、NetBackupアクセラレータ、ストレージライフサイクルポリシー、レプリケーションディレクタ、およびNetBackupアクセスコントロール)をサポートしています。
NetBackup管理コンソールを使用して、デバイス、ストレージユニット、ボリューム、およびボリュームプールを含むNetBackupのコアコンポーネントを構成します。
メディアサーバーとクライアント側重複排除を含むストレージサーバーとディスクプールを構成します。
バックアップポリシーの属性、スケジュール、クライアント、およびバックアップ選択リストを構成します。
バックアップ、複製、リストアの実行と監視
レポートを分析し、アクティビティログをレビューすることにより、NetBackup環境の日常的なアクティビティと可用性を監視します。
テープドライブの動作を確認し、メディアのローテーションと可用性を維持します。
ディスクストレージデバイスの管理と保守
基本的なNetBackupの問題をトラブルシューティングまたは診断します。
NetBackupリリースのアップデートにアクセスしてインストールします。
NetBackupのマニュアルとオンラインナレッジベースにアクセスします。
NetBackupカタログのバックアップを構成し、基本的なカタログリカバリを実行します。
管理コンソールでNetBackupホストのプロパティと設定を使用して、基本的なチューニングを実行します。
ストレージライフサイクルポリシーを構成します。
NetBackupの管理コマンドを実行して、必要なタスクを完了します。
メディアIDの生成とバーコードのルールを設定します。
高度なストレージユニットとポリシー属性(TIR、多重化、ステージングなど)を構成する

PassexamのSymantec SCS NetBackup資格250-272試験資料は成功への一番の近道です。
弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272勉強資料は完全にリソースと試験の質問が装備され、試験内容が含まれています。
弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272参考書は本番の試験と同じ問題が出題されます。
返金保証制度:もし、弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272受験対策を使用してから、不合格の場合、弊社で購入したお金を返金します。
Symantec SCS NetBackup資格250-272学習教材を購入した後、一年間で無料更新サービスを提供することができます。
受験者はもっとも正確な250-272問題と答えを習得できます。

1.An administrator needs to prevent users on all client systems from performing user-directed restores
while ensuring they are able to view the contents of all previous backup images.
What should the administrator configure to accomplish this goal?
A. enable the Master Server Host Property - Browse timeframe for restores
B. enable the Master Server Host Property for clients listed in the Client Attribute - Allow browse
C. de-select the "Allow server file writes" parameter in the Host Properties of the Master Server
D. de-select the "Allow client restore" parameter in the Host Properties of the Master Server
Answer: D

2.Which parameter in NetBackup Management > Host Properties must be modified to change the logging
level to 5 for client1.domain?
A. Master Servers > [master_server_name] > Logging > Global logging level
B. Clients > [client_name] > Logging > Global logging level
C. Master Servers > [master_server_name] > Logging > Enable robust logging
D. Clients > [client_name] > Logging > Enable robust logging
Answer: B

3.Weekly full backups run for clientA on master1 using a storage unit that belongs to media1. The
administrator is required to retain clientA's full backups for a period of four months. When the
administrator modifies the Full schedule, four months is missing from the selection list.
Where should the administrator add the four-month retention period under Host Properties?
A. Master Servers > master1 > Retention Periods
B. Clients > clientA > Global Attributes
C. Media Servers > media1 > Retention Periods
D. Master Servers > master1 > Global Attributes
Answer: A

4.Where should the administrator set the parameter in the Host Properties to enable failed restore jobs to
automatically retry on Client1?
A. Clients > Client1 > Universal Settings > Restore retries
B. Master Server > Client Attributes > Client1 > General > Restore retries
C. Clients > Client1 > Client Settings > Restore retries
D. Master Server > Client Attributes > Client1 > Restore retries
Answer: A

5.An administrator wants to specify which networks or interfaces to use for outgoing NetBackup traffic
from a selected host.
Which option under Master Server Host Properties should the administrator use to configure this?
A. Preferred Network
B. Port Ranges
C. Network Settings
D. Bandwidth
Answer: D





posted by 猫さん at 10:54| Comment(0) | Symantec勉強資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

Symantec SCS NetBackup資格250-272勉強資料を使用すると、短時間で試験に十分に準備させることができます

Symantec SCS NetBackup資格取得方法は何でしょうか?
Symantec SCS NetBackupは250-272認定試験に合格することで得られる資格の一つです。
250-272認定試験に合格を心配している場合は、あなたを助けるためにPassexamの学習材料を選択してください。
PassexamのSymantec SCS NetBackup資格250-272問題集を選択し、受験者のために最も適しています。
最新のSymantec SCS NetBackup資格250-272参考書はPDF版及びソフト版を提供します。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
ソフト版:真実のSymantec SCS NetBackup資格250-272試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
丸暗記方法、実際の250-272試験時の応用問題を解くのに苦労しました。
最新のSymantec SCS NetBackup資格250-272勉強資料を使用すると、短時間で試験に十分に準備させることができます。

250-272試験概要:

試験番号:250-272
試験名称:Administration of Symantec NetBackup 7.6.1
問題数:70 - 80問
試験時間:90分
合格ライン:65%
試験言語:英語
受験料:150米ドル
250-272認定試験はNetBackupバージョン7.6.1の構成およびメンテナンスに必要な知識とスキルを備えていることを検証する製品/バージョンレベルの技術試験で構成されています。
250-272認定試験では、構成、製品管理、日常の監視、保守、および基本的なトラブルシューティングなどの要素に対する技術知識を測定するコア要素をカバーする

推奨される準備:
以下に、このレベルの専門知識を達成するための推奨される準備が含まれています。
試験の目的(PDF)
学習ガイドは、推奨される5日間の訓練コースに参加した人を対象としています。この自己学習ガイドは、対応する認定試験の主なレッスンとトピックを要約しています。
サンプル試験
推奨される最低6?12か月間の経験(NetBackup 7.6.1の管理またはテクニカルサポートでの作業)。
サポートされるプラットフォーム、オペレーティングシステム、およびネットワーキングの概念に関する知識
ストレージ、仮想化、データ保護の概念に関する知識

NetBackup 7.6.1の製品マニュアル:
実地体験(実世界または仮想):
基本的なNetBackupのアーキテクチャについて説明します。
NetBackup製品の機能、オプション、転送モード、および高度なファイルシステムのバックアップ方法(Bare Metal Restore(BMR)、NetBackup Vault、エンタープライズクライアント、SANクライアント、OpsCenter、データベースエージェント、仮想マシン保護、メディアサーバーなど)について説明します。 OST、NetBackupアクセラレータ、ストレージライフサイクルポリシー、レプリケーションディレクタ、およびNetBackupアクセスコントロール)をサポートしています。
NetBackup管理コンソールを使用して、デバイス、ストレージユニット、ボリューム、およびボリュームプールを含むNetBackupのコアコンポーネントを構成します。
メディアサーバーとクライアント側重複排除を含むストレージサーバーとディスクプールを構成します。
バックアップポリシーの属性、スケジュール、クライアント、およびバックアップ選択リストを構成します。
バックアップ、複製、リストアの実行と監視
レポートを分析し、アクティビティログをレビューすることにより、NetBackup環境の日常的なアクティビティと可用性を監視します。
テープドライブの動作を確認し、メディアのローテーションと可用性を維持します。
ディスクストレージデバイスの管理と保守
基本的なNetBackupの問題をトラブルシューティングまたは診断します。
NetBackupリリースのアップデートにアクセスしてインストールします。
NetBackupのマニュアルとオンラインナレッジベースにアクセスします。
NetBackupカタログのバックアップを構成し、基本的なカタログリカバリを実行します。
管理コンソールでNetBackupホストのプロパティと設定を使用して、基本的なチューニングを実行します。
ストレージライフサイクルポリシーを構成します。
NetBackupの管理コマンドを実行して、必要なタスクを完了します。
メディアIDの生成とバーコードのルールを設定します。
高度なストレージユニットとポリシー属性(TIR、多重化、ステージングなど)を構成する

PassexamのSymantec SCS NetBackup資格250-272試験資料は成功への一番の近道です。
弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272勉強資料は完全にリソースと試験の質問が装備され、試験内容が含まれています。
弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272参考書は本番の試験と同じ問題が出題されます。
返金保証制度:もし、弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272受験対策を使用してから、不合格の場合、弊社で購入したお金を返金します。
Symantec SCS NetBackup資格250-272学習教材を購入した後、一年間で無料更新サービスを提供することができます。
受験者はもっとも正確な250-272問題と答えを習得できます。

1.An administrator needs to prevent users on all client systems from performing user-directed restores
while ensuring they are able to view the contents of all previous backup images.
What should the administrator configure to accomplish this goal?
A. enable the Master Server Host Property - Browse timeframe for restores
B. enable the Master Server Host Property for clients listed in the Client Attribute - Allow browse
C. de-select the "Allow server file writes" parameter in the Host Properties of the Master Server
D. de-select the "Allow client restore" parameter in the Host Properties of the Master Server
Answer: D

2.Which parameter in NetBackup Management > Host Properties must be modified to change the logging
level to 5 for client1.domain?
A. Master Servers > [master_server_name] > Logging > Global logging level
B. Clients > [client_name] > Logging > Global logging level
C. Master Servers > [master_server_name] > Logging > Enable robust logging
D. Clients > [client_name] > Logging > Enable robust logging
Answer: B

3.Weekly full backups run for clientA on master1 using a storage unit that belongs to media1. The
administrator is required to retain clientA's full backups for a period of four months. When the
administrator modifies the Full schedule, four months is missing from the selection list.
Where should the administrator add the four-month retention period under Host Properties?
A. Master Servers > master1 > Retention Periods
B. Clients > clientA > Global Attributes
C. Media Servers > media1 > Retention Periods
D. Master Servers > master1 > Global Attributes
Answer: A

4.Where should the administrator set the parameter in the Host Properties to enable failed restore jobs to
automatically retry on Client1?
A. Clients > Client1 > Universal Settings > Restore retries
B. Master Server > Client Attributes > Client1 > General > Restore retries
C. Clients > Client1 > Client Settings > Restore retries
D. Master Server > Client Attributes > Client1 > Restore retries
Answer: A

5.An administrator wants to specify which networks or interfaces to use for outgoing NetBackup traffic
from a selected host.
Which option under Master Server Host Properties should the administrator use to configure this?
A. Preferred Network
B. Port Ranges
C. Network Settings
D. Bandwidth
Answer: D





posted by 猫さん at 16:47| Comment(0) | Symantec勉強資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする