2018年01月10日

250-428の難易度、250-428問題集、250-428学習材料、250-428受験対策、250-428受験対策

250-428の試験を独学で学習したいですか?
Symantec SCS EndPoint Protection認定資格を取得したい場合、受験者はPassexamが明確と優れて250-428問題集を提供して渡す必要があります。
Symantec SCS EndPoint Protection認定250-428の難易度は高いものが本番では出題されます。
最新のSymantec SCS EndPoint Protection認定250-428問題集をしっかり読み込めば合格できる。
弊社のSymantec SCS EndPoint Protection認定250-428学習材料は類似問題も85%くらい出題されました。
弊社のSymantec SCS EndPoint Protection認定250-428受験対策は30時間ぐらいの短期の育成訓練でらくらくに勉強しているうちに多くの知識を身につけられます。
そんな高い受験料がかかるので、もし、試験に通じない場合、とても残念です。早くPassexamのSymantec SCS EndPoint Protection認定250-428受験対策を使用してください。

250-428受験体験記には、下記のとおりです

Passexam問題集を模擬試験モードで正答率90%以上が出るように繰り返し

250-428認定候補者は、Symantec Endpoint Protectionの計画、設計、展開、および最適化について理解を深めることができます。
250-428試験は、エンタープライズ環境におけるSymantec Endpoint Protectionソリューションの技術的知識とコンピテンシーの基礎となります。

250-428試験概要:

試験名称:Administration of Symantec Endpoint Protection 14
質問数:65〜75
試験期間:90分
合格点:80%
言語:英語
試験価格:250米ドル(またはあなたの国の通貨相当)

250-428試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます。

試験のセクション1:製品と概念
試験のセクション2:インストールと設定
試験のセクション3:ウイルスとスパイウェアの保護の設定
試験のセクション4:ファイアウォール、侵入防御、およびアプリケーションとデバイスの制御を定義および構成する
試験のセクション5:脅威への対応

弊社のSymantec SCS EndPoint Protection認定250-428試験範囲をきっちり勉強できていれば2日に合格できると思います。
弊社のSymantec SCS EndPoint Protection認定250-428問題集は回答が試験内容が網羅されているので、独学で合格できます。
弊社のSymantec SCS EndPoint Protection認定250-428受験対策で正解までの考え方を含めて理解すれば合格できます。
弊社のSymantec SCS EndPoint Protection認定250-428参考書は学習には役立ちますが、90%以上を得点できるようになれば、受験して良いと思います。
弊社のSymantec SCS EndPoint Protection認定250-428試験資料を勉強したら、試験に合格するために、一年間の無料更新サービスを提供します。
受験者はもっとも正確なSymantec SCS EndPoint Protection認定250-428問題と答えを習得できます。

1.After several failed logon attempts, the Symantec Endpoint Protection Manager (SFPM) has locked the default admin account. An administrator needs to make system changes as soon as possible to address an outbreak, but the admin account is the only account.Which action should the administrator lake to correct the problem with minimal impact to the existing environment?
A. Wait 15 minutes and attempt to log on again
B. Restore the SEPM from a backup
C. Run the Management Server and Configuration Wizard to reconfigure the server
D. Reinstall the SEPM
Answer: A

2.In which two areas can host groups be used? (Select two.)
A. Locations
B. Download Insight
C. IPS
D. Application and Device Control
E. Firewall
Answer: CE

3.Winch Symantec Endpoint Protection technology blocks a downloaded program from installing browser plugins?
A. Intrusion Prevention
B. SONAR
C. Tamper Protection
D. Application and Device Control
Answer: D

4.Which Symantec End point Protection defense mechanism provides protection against threats that propagate from system to system through the use of autotun.inf files?
A. Host Integrity
B. SONAR
C. Application and Device Control
D. Emulator
Answer: C

5.Which action should an administrator take to prevent users from using Windows Security Center?
A. Set Disable antivirus alert within Windows Security Center to Disable
B. Set Disable Windows Security Center to Always
C. Set Disable Windows Security Center to Disable
D. Set Disable antivirus alert within Windows Security Center to Never
Answer: B

6.Which two options are supported Symantec End point Manager authentication types? (Select two.)
A. Microsoft Active Directory
B. MS-CHAP
C. RSA SecurID
D. Biometrics
E. Network Access Control
Answer: A, C

7.A Symantec Endpoint Protection (SEP) client uses a management server list with three management servers in the priority 1 list.Which mechanism does the SEP client use to select an alternate management server if the currently selected management server is unavailable?
A. The client chooses another server in the list randomly.
B. The client chooses a server based on the lowest server load.
C. The client chooses a server with the next highest IP address.
D. The client chooses the next server alphabetically by server name.
Answer: A

8.Which setting can an administrator configure in the LiveUpdate Policy?
A. specific content revision to download from a Group Update Provider (GUP) B. specific content policies to download
C. Linux Settings
D. frequency to download content
Answer: D

9.A Symantec Endpoint Protection Manager (SEPM) administrator notices performance issues with the SEPM server. The Client tab becomes unresponsive in the SEPM console and .DAT files accumulate in the “agentinfo” folder.Which tool should the administrator use to gather log files to submit to Symantec Technical Support?
A. collectLog.cmd
B. LogExport.exe
C. ExportLog.vbs
D. smc.exe
Answer: A

10.Which two considerations must an administrator make when enabling Application Learning in an environment? (Select two.)
A. Application Learning can generate increased false positives.
B. Application Learning should be deployed on a small group of systems in the enterprise.
C. Application Learning can generate significant CPU or memory use on a Symantec Endpoint Protection Manager.
D. Application Learning requires a file fingerprint list to be created in advance.
E. Application Learning is dependent on Insight.
Answer: B, C

11.Which task should an administrator perform to troubleshoot operation of the Symantec Endpoint Protection embedded database?
A. verify that dbsrv11.exe is listening on port 2638
B. check whether the MSSQLSERVER service is running
C. verify the sqlserver.exe service is running on port 1433
D. check the database transaction logs in X:Program FilesMicrosoft SQL server
Answer: A

12.An administrator changes the Virus and Spyware Protection policy for a specific group that disables Auto-Protect. The administrator assigns the policy and the client systems applies the corresponding policy serial number. Upon visual inspection of a physical client system, the policy serial number is correct. However, Auto-Protect is still enabled on the client system.Which action should the administrator take to ensure that the desired setting is in place on the client?
A. Restart the client system
B. Run a command on the computer to Update Content
C. Enable the padlock next to the setting in the policy
D. Withdraw the Virus and Spyware Protection policy
Answer: C





posted by 猫さん at 15:52| Comment(0) | Symantec勉強資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

250-272勉強資料を使用すると、短時間で試験に十分に準備させることができます

Symantec SCS NetBackup資格取得方法は何でしょうか?
Symantec SCS NetBackupは250-272認定試験に合格することで得られる資格の一つです。
250-272認定試験に合格を心配している場合は、あなたを助けるためにPassexamの学習材料を選択してください。
PassexamのSymantec SCS NetBackup資格250-272問題集を選択し、受験者のために最も適しています。
最新のSymantec SCS NetBackup資格250-272参考書はPDF版及びソフト版を提供します。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
ソフト版:真実のSymantec SCS NetBackup資格250-272試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
丸暗記方法、実際の250-272試験時の応用問題を解くのに苦労しました。
最新のSymantec SCS NetBackup資格250-272勉強資料を使用すると、短時間で試験に十分に準備させることができます。

250-272試験概要:

試験番号:250-272
試験名称:Administration of Symantec NetBackup 7.6.1
問題数:70 - 80問
試験時間:90分
合格ライン:65%
試験言語:英語
受験料:150米ドル
250-272認定試験はNetBackupバージョン7.6.1の構成およびメンテナンスに必要な知識とスキルを備えていることを検証する製品/バージョンレベルの技術試験で構成されています。
250-272認定試験では、構成、製品管理、日常の監視、保守、および基本的なトラブルシューティングなどの要素に対する技術知識を測定するコア要素をカバーする

推奨される準備:
以下に、このレベルの専門知識を達成するための推奨される準備が含まれています。
試験の目的(PDF)
学習ガイドは、推奨される5日間の訓練コースに参加した人を対象としています。この自己学習ガイドは、対応する認定試験の主なレッスンとトピックを要約しています。
サンプル試験
推奨される最低6?12か月間の経験(NetBackup 7.6.1の管理またはテクニカルサポートでの作業)。
サポートされるプラットフォーム、オペレーティングシステム、およびネットワーキングの概念に関する知識
ストレージ、仮想化、データ保護の概念に関する知識

NetBackup 7.6.1の製品マニュアル:
実地体験(実世界または仮想):
基本的なNetBackupのアーキテクチャについて説明します。
NetBackup製品の機能、オプション、転送モード、および高度なファイルシステムのバックアップ方法(Bare Metal Restore(BMR)、NetBackup Vault、エンタープライズクライアント、SANクライアント、OpsCenter、データベースエージェント、仮想マシン保護、メディアサーバーなど)について説明します。 OST、NetBackupアクセラレータ、ストレージライフサイクルポリシー、レプリケーションディレクタ、およびNetBackupアクセスコントロール)をサポートしています。
NetBackup管理コンソールを使用して、デバイス、ストレージユニット、ボリューム、およびボリュームプールを含むNetBackupのコアコンポーネントを構成します。
メディアサーバーとクライアント側重複排除を含むストレージサーバーとディスクプールを構成します。
バックアップポリシーの属性、スケジュール、クライアント、およびバックアップ選択リストを構成します。
バックアップ、複製、リストアの実行と監視
レポートを分析し、アクティビティログをレビューすることにより、NetBackup環境の日常的なアクティビティと可用性を監視します。
テープドライブの動作を確認し、メディアのローテーションと可用性を維持します。
ディスクストレージデバイスの管理と保守
基本的なNetBackupの問題をトラブルシューティングまたは診断します。
NetBackupリリースのアップデートにアクセスしてインストールします。
NetBackupのマニュアルとオンラインナレッジベースにアクセスします。
NetBackupカタログのバックアップを構成し、基本的なカタログリカバリを実行します。
管理コンソールでNetBackupホストのプロパティと設定を使用して、基本的なチューニングを実行します。
ストレージライフサイクルポリシーを構成します。
NetBackupの管理コマンドを実行して、必要なタスクを完了します。
メディアIDの生成とバーコードのルールを設定します。
高度なストレージユニットとポリシー属性(TIR、多重化、ステージングなど)を構成する

PassexamのSymantec SCS NetBackup資格250-272試験資料は成功への一番の近道です。
弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272勉強資料は完全にリソースと試験の質問が装備され、試験内容が含まれています。
弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272参考書は本番の試験と同じ問題が出題されます。
返金保証制度:もし、弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272受験対策を使用してから、不合格の場合、弊社で購入したお金を返金します。
Symantec SCS NetBackup資格250-272学習教材を購入した後、一年間で無料更新サービスを提供することができます。
受験者はもっとも正確な250-272問題と答えを習得できます。

1.An administrator needs to prevent users on all client systems from performing user-directed restores
while ensuring they are able to view the contents of all previous backup images.
What should the administrator configure to accomplish this goal?
A. enable the Master Server Host Property - Browse timeframe for restores
B. enable the Master Server Host Property for clients listed in the Client Attribute - Allow browse
C. de-select the "Allow server file writes" parameter in the Host Properties of the Master Server
D. de-select the "Allow client restore" parameter in the Host Properties of the Master Server
Answer: D

2.Which parameter in NetBackup Management > Host Properties must be modified to change the logging
level to 5 for client1.domain?
A. Master Servers > [master_server_name] > Logging > Global logging level
B. Clients > [client_name] > Logging > Global logging level
C. Master Servers > [master_server_name] > Logging > Enable robust logging
D. Clients > [client_name] > Logging > Enable robust logging
Answer: B

3.Weekly full backups run for clientA on master1 using a storage unit that belongs to media1. The
administrator is required to retain clientA's full backups for a period of four months. When the
administrator modifies the Full schedule, four months is missing from the selection list.
Where should the administrator add the four-month retention period under Host Properties?
A. Master Servers > master1 > Retention Periods
B. Clients > clientA > Global Attributes
C. Media Servers > media1 > Retention Periods
D. Master Servers > master1 > Global Attributes
Answer: A

4.Where should the administrator set the parameter in the Host Properties to enable failed restore jobs to
automatically retry on Client1?
A. Clients > Client1 > Universal Settings > Restore retries
B. Master Server > Client Attributes > Client1 > General > Restore retries
C. Clients > Client1 > Client Settings > Restore retries
D. Master Server > Client Attributes > Client1 > Restore retries
Answer: A

5.An administrator wants to specify which networks or interfaces to use for outgoing NetBackup traffic
from a selected host.
Which option under Master Server Host Properties should the administrator use to configure this?
A. Preferred Network
B. Port Ranges
C. Network Settings
D. Bandwidth
Answer: D





posted by 猫さん at 10:54| Comment(0) | Symantec勉強資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

Symantec SCS NetBackup資格250-272勉強資料を使用すると、短時間で試験に十分に準備させることができます

Symantec SCS NetBackup資格取得方法は何でしょうか?
Symantec SCS NetBackupは250-272認定試験に合格することで得られる資格の一つです。
250-272認定試験に合格を心配している場合は、あなたを助けるためにPassexamの学習材料を選択してください。
PassexamのSymantec SCS NetBackup資格250-272問題集を選択し、受験者のために最も適しています。
最新のSymantec SCS NetBackup資格250-272参考書はPDF版及びソフト版を提供します。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
ソフト版:真実のSymantec SCS NetBackup資格250-272試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。
丸暗記方法、実際の250-272試験時の応用問題を解くのに苦労しました。
最新のSymantec SCS NetBackup資格250-272勉強資料を使用すると、短時間で試験に十分に準備させることができます。

250-272試験概要:

試験番号:250-272
試験名称:Administration of Symantec NetBackup 7.6.1
問題数:70 - 80問
試験時間:90分
合格ライン:65%
試験言語:英語
受験料:150米ドル
250-272認定試験はNetBackupバージョン7.6.1の構成およびメンテナンスに必要な知識とスキルを備えていることを検証する製品/バージョンレベルの技術試験で構成されています。
250-272認定試験では、構成、製品管理、日常の監視、保守、および基本的なトラブルシューティングなどの要素に対する技術知識を測定するコア要素をカバーする

推奨される準備:
以下に、このレベルの専門知識を達成するための推奨される準備が含まれています。
試験の目的(PDF)
学習ガイドは、推奨される5日間の訓練コースに参加した人を対象としています。この自己学習ガイドは、対応する認定試験の主なレッスンとトピックを要約しています。
サンプル試験
推奨される最低6?12か月間の経験(NetBackup 7.6.1の管理またはテクニカルサポートでの作業)。
サポートされるプラットフォーム、オペレーティングシステム、およびネットワーキングの概念に関する知識
ストレージ、仮想化、データ保護の概念に関する知識

NetBackup 7.6.1の製品マニュアル:
実地体験(実世界または仮想):
基本的なNetBackupのアーキテクチャについて説明します。
NetBackup製品の機能、オプション、転送モード、および高度なファイルシステムのバックアップ方法(Bare Metal Restore(BMR)、NetBackup Vault、エンタープライズクライアント、SANクライアント、OpsCenter、データベースエージェント、仮想マシン保護、メディアサーバーなど)について説明します。 OST、NetBackupアクセラレータ、ストレージライフサイクルポリシー、レプリケーションディレクタ、およびNetBackupアクセスコントロール)をサポートしています。
NetBackup管理コンソールを使用して、デバイス、ストレージユニット、ボリューム、およびボリュームプールを含むNetBackupのコアコンポーネントを構成します。
メディアサーバーとクライアント側重複排除を含むストレージサーバーとディスクプールを構成します。
バックアップポリシーの属性、スケジュール、クライアント、およびバックアップ選択リストを構成します。
バックアップ、複製、リストアの実行と監視
レポートを分析し、アクティビティログをレビューすることにより、NetBackup環境の日常的なアクティビティと可用性を監視します。
テープドライブの動作を確認し、メディアのローテーションと可用性を維持します。
ディスクストレージデバイスの管理と保守
基本的なNetBackupの問題をトラブルシューティングまたは診断します。
NetBackupリリースのアップデートにアクセスしてインストールします。
NetBackupのマニュアルとオンラインナレッジベースにアクセスします。
NetBackupカタログのバックアップを構成し、基本的なカタログリカバリを実行します。
管理コンソールでNetBackupホストのプロパティと設定を使用して、基本的なチューニングを実行します。
ストレージライフサイクルポリシーを構成します。
NetBackupの管理コマンドを実行して、必要なタスクを完了します。
メディアIDの生成とバーコードのルールを設定します。
高度なストレージユニットとポリシー属性(TIR、多重化、ステージングなど)を構成する

PassexamのSymantec SCS NetBackup資格250-272試験資料は成功への一番の近道です。
弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272勉強資料は完全にリソースと試験の質問が装備され、試験内容が含まれています。
弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272参考書は本番の試験と同じ問題が出題されます。
返金保証制度:もし、弊社のSymantec SCS NetBackup資格250-272受験対策を使用してから、不合格の場合、弊社で購入したお金を返金します。
Symantec SCS NetBackup資格250-272学習教材を購入した後、一年間で無料更新サービスを提供することができます。
受験者はもっとも正確な250-272問題と答えを習得できます。

1.An administrator needs to prevent users on all client systems from performing user-directed restores
while ensuring they are able to view the contents of all previous backup images.
What should the administrator configure to accomplish this goal?
A. enable the Master Server Host Property - Browse timeframe for restores
B. enable the Master Server Host Property for clients listed in the Client Attribute - Allow browse
C. de-select the "Allow server file writes" parameter in the Host Properties of the Master Server
D. de-select the "Allow client restore" parameter in the Host Properties of the Master Server
Answer: D

2.Which parameter in NetBackup Management > Host Properties must be modified to change the logging
level to 5 for client1.domain?
A. Master Servers > [master_server_name] > Logging > Global logging level
B. Clients > [client_name] > Logging > Global logging level
C. Master Servers > [master_server_name] > Logging > Enable robust logging
D. Clients > [client_name] > Logging > Enable robust logging
Answer: B

3.Weekly full backups run for clientA on master1 using a storage unit that belongs to media1. The
administrator is required to retain clientA's full backups for a period of four months. When the
administrator modifies the Full schedule, four months is missing from the selection list.
Where should the administrator add the four-month retention period under Host Properties?
A. Master Servers > master1 > Retention Periods
B. Clients > clientA > Global Attributes
C. Media Servers > media1 > Retention Periods
D. Master Servers > master1 > Global Attributes
Answer: A

4.Where should the administrator set the parameter in the Host Properties to enable failed restore jobs to
automatically retry on Client1?
A. Clients > Client1 > Universal Settings > Restore retries
B. Master Server > Client Attributes > Client1 > General > Restore retries
C. Clients > Client1 > Client Settings > Restore retries
D. Master Server > Client Attributes > Client1 > Restore retries
Answer: A

5.An administrator wants to specify which networks or interfaces to use for outgoing NetBackup traffic
from a selected host.
Which option under Master Server Host Properties should the administrator use to configure this?
A. Preferred Network
B. Port Ranges
C. Network Settings
D. Bandwidth
Answer: D





posted by 猫さん at 16:47| Comment(0) | Symantec勉強資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする