2017年07月05日

MA0-103参考書を使用すれば、あなたは良い準備と完全な知識構造を持っている必要があります

仕事をする中で知識と実績を積み上げていくことが、実質的なMcAfee資格の役割を果たすこともあります。
McAfee Certified Product Specialist - DLPE 認定では、McAfee ePolicy Orchestrator と McAfee Data Loss Prevention Endpoint 製品に関する知識と使用技能を審査します。
McAfee Certified Product Specialist - DLPE認定を取得すると、他のセキュリティプロフェッショナルとの違いを明確に示すとともに、MA0-103認定試験で網羅されている重要なスキルを習得していることを実証できます。
MA0-103認定試験に受かる勉強サイトを探しているのなら、PassexamのMcAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103問題集はあなたにとって一番良い選択です。
PassexamはMcAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103認定試験に合格するための最も効果的な方法です。
弊社のMcAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103参考書を使用すれば、あなたは良い準備と完全な知識構造を持っている必要があります。

MA0-103試験情報:

MA0-103試験の合格者は、McAfee Data Loss Prevention Endpoint ソリューションのインストール、構成、管理を正常に実行するために必要な知識とスキルを有していることが実証されます。
McAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103試験は、cAfee DLPe 製品と関連テクノロジの 1~3 年の使用経験を有するセキュリティプロフェッショナルを対象としています。

MA0-103試験の詳細:

関連試験:MA0-103
試験名称:McAfee Certified Product Specialist - DLPE
関連トレーニング:McAfee Data Loss Prevention Endpoint Administration(4 日間)
問題数:60
試験時間:165 分
合格スコア:78%
試験料:150 米ドル(試験料は変更されることがあります。
正確な料金については、www. prometric.com/mcafee で確認してください)。

MA0-103試験の準備:

この試験に推奨される準備:
4 日間の McAfee Data Loss Prevention Endpoint Administrationトレーニング(https://mcafee.netexam.com/catalog.
html)
McAfee DLPe の 1 年以上の使用経験
McAfee ServicePortal (https://support.mcafee.com
ナレッジドメイン(このガイドの後半を参照)
サンプルの問題(このガイドの後半を参照)

MA0-103試験時間:

Intel Security 認定プログラムの試験時間には、各試験施設で試験中に行われる次の活動の所要時間が含まれます。

試験問題の解答時間
指示を確認する時間と、試験終了後にコメントを提供する時間

Intel Security は、試験の内容および所要時間をいつでも変更できる権利を有します。
McAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103試験内容と時間の最も正確な情報は、試験当日に試験プロバイダに確認してください。試験の開始前には、試験問題の解答時間を示す通知が画面に表示されます。

MA0-103試験ナレッジドメイン:

ネットワーキング
システム
アプリケーション
ポリシーと手順
アーキテクチャと統合のベストプラクティス
セキュリティ基盤
運用と管理

McAfee Certified Product Specialist - DLPE認定MA0-103参考のために、以下にPassexamのMA0-103試験問題のサンプルを示します。Intel Security 認定製品スペシャリスト DLPe 試験の問題は、形式も内容も以下に示す問題に類似しています。

1.What is the hierarchy used to resolve potential conflicts between application strategies?
A. Archiver> Trusted> Editor> Explorer (Explorer has the lowest ranking)
B. Archiver> Trusted> Explorer> Editor (Editor has the lowest ranking)
C. Archiver> Explorer> Editor> Trusted (Trusted has the lowest ranking)
D. Archiver> Editor> Explorer> Trusted "Trusted has the lowest ranking)
Answer: B

2.The DLP End point administrator needs to prevent sensitive data from being transmitted over FTP.
Which Rule can be configured to meet this requirement?
A. File System Protection Rule
B. Cloud Protection Rule
C. Application File Access Protection Rule
D. Network Communication Protection Rule
Answer: D

3.To assist with perceived performance issues prior to product installation, the DLP End point
Administrator could prepare by
A. disabling unused modules.
B. distributing agent override codes.
C. establishing a system baseline.
D. enabling the system watch dog service.
Answer: C

4.How can incident data be exported?
A. Select specific events in OLP manager to export incident data
B. Run reports or queries to generate specific report and export incident data
C. Use database administration to export incident data
D. Run incident task manager to export incident data
Answer: B
5.Groupings of Applications in McAfee OLP used in rule creation are called
A. Enterprise Applications List.
B. Application Inventory.
C. Application Definitions.
D. Whitelisted Applications.
Answer: C



posted by 猫さん at 17:21| Comment(0) | McAfee参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他のお客様のフィードバックによって、弊社のSY0-401問題集で受験した、835点を取りました。

CompTIA Security+認定資格は、IT業務の中でも、最も成長が早く、そして人材が必要とされているセキュリティ分野におけるスキルを評価できるよう設計されています。
CompTIA Security+は、ワールドワイドで提供されているベンダーニュートラルの認定資格です。
CompTIA Security+認定を受けるには、SY0-401試験の合格に必要な知識を習得します。


SY0-401認定資格試験では、以下の分野におけるスキルを評価できるよう設計がされています。

ネットワークセキュリティ
コンプライアンスと運用セキュリティ
脅威と脆弱性
アプリケーション、データ、ホスティングセキュリティ
アクセスコントロール、認証マネジメント
暗号化

初心者でもSY0-401試験に合格したら、Passexamが難しいと感じる方にはお勧めのCompTIA Security+認定SY0-401問題集です。
弊社のCompTIA Security+認定SY0-401練習問題はよくアップデートするので、的中率の高くなります。
弊社は領収書(PDF版)を提供することができます。領収書の宛名を提供してもいいです。
もし、CompTIA Security+認定SY0-401試験に不合格の場合、不合格証明書スキャンをメールで弊社に送ってもいいです。

CompTIA Security+の受験に際し、特に必要となる前提条件はありませんが、CompTIA Network+相当のスキルをお持ちなことをお奨めします。
CompTIA Security+認定資格SY0-401試験では、セキュリティの大原則となる、セキュアなネットワークの維持とリスク管理について出題されています。
また、アクセスコントロール、情報の管理、暗号化といったセキュリティには欠かすことのできない分野や、さらには、ネットワーク攻撃や脆弱性に対応するための適切な緩和と抑止方法などの分野からも出題されています。

SY0-401試験情報:

CompTIA Security+ Certification(SY0-401) は、問題数 90 問、解答時間 90 分、合格ライン 100~900のスコア形式 750スコア以上、受験料(税抜) 34,560円(消費税込)の試験です。
CompTIA Security+は、ワールドワイドで提供されているベンダーニュートラルの認定資格です。
CompTIA Security+認定資格SY0-401で出題範囲とされる分野には、現行版の試験から継続されるもの、新たに追加されるものがあり、最新のセキュリティに関連した問題や必須知識が反映されています。

SY0-401認定資格試験では、以下の分野におけるスキルを評価できるよう設計がされています。

第1章 ネットワークセキュリティ  20%
第2章 コンプライアンスと運用セキュリティ 18%
第3章 脅威と脆弱性 20%
第4章 アプリケーション、データ、ホスティングセキュリティ 15%
第5章 アクセスコントロール、認証マネジメント 15%
第6章 暗号化 12%

弊社のCompTIA Security+認定SY0-401問題集は実際の試験と非常に類似しており、試験に合格するために確保することができます。
弊社のCompTIA Security+認定SY0-401試験対策を使用すれば、短時間に受験者のために、SY0-401試験に合格させることができます。
他のお客様のフィードバックによって、弊社のSY0-401問題集で受験した、835点を取りました。でも、合格オンライン点は750点です。

【試験コード】
SY0-401

【合格点】
750点

【取得点】
835点

【受験回数】
1回目

【学習期間】
21時間程度

【参考にしたテキスト/Webサイト】
TAC出版 実務で役立つIT資格 Comptia Security+ テキスト SYO-401
Passexam

【学習方法】
Comptia Security+ テキスト SYO-401を熟読した上で、Passexamの問題集に取り組みました。

【試験の感想】
セキュリティについては、ある程度専門的な知識を問われますが、テキストをしっかりと学習し、理解して問題集をこなせば合格点に達すると思います。




posted by 猫さん at 17:19| Comment(0) | CompTIA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Avaya ACIS認定7120X参考書は本番の試験と同じ問題が出題されます

Avaya受験資格は特にありませんが、基本的に実務の経験がないと、何を求められているのかがわからないためかなり7120X試験合格が難しいテストといえます。

7120Xテストセンターで受験する場合、世界中のピアソンVUE 公認テストセンターを利用できます。オンライン試験は、Avaya Learning Center での受験となります。

Avaya ACIS認定7120X試験内容を学習するにあたって、欠かせない書籍がPassexamです。

PassexamのAvaya ACIS認定7120X問題集は実際の試験には役立つ知識があります。

弊社のAvaya ACIS認定7120X参考書は本番の試験と同じ問題が出題されます。

弊社のAvaya ACIS認定7120Xテキストも発売されているので、独学でも勉強法と勉強時間を上手に組み立てれば誰でも合格することができます。

PassexamのAvaya ACIS認定7120X問題集の利点には、下記の内容をご参照ください。

1、最新のAvaya ACIS認定7120X問題集はPDF版及びソフト版を提供します。
PDF版:いつでも、携帯電話、コンピュータ、タブレットPCで勉強してもいいです。PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
ソフト版:真実のAvaya ACIS認定7120X試験環境と同じです。受験者のために、試験環境を適応することができます。

2、弊社は領収書(PDF版)を提供することができます。領収書の宛名を提供してもいいです。

3、もし、Avaya ACIS認定7120X試験に変更した場合、すぐにお客様と連絡します。試験の変更は心配しません。

4、返金保証制度:もし、弊社のAvaya ACIS認定7120X学習材料を使用してから、不合格の場合、弊社で購入したお金を返金します。

5、お客様は最新のAvaya ACIS認定7120X試験情報を取得したかったら、他のお客様のフィードバックを提供します。

6、弊社のAvaya ACIS認定7120X試験資料を購入したお客様は一年のうちに無料更新のサービスをして、更新された状態を確保できます。

7、弊社のホームページで、Avaya ACIS認定7120X試験情報のお知らせを提供し、最新の試験情報を取得することができます。

8、Avaya ACIS認定7120X無料サンプルを提供します。

Avaya ACIS認定7120X試験内容をご参照ください。

1.You want to check that Avaya Aura? System Manager (SMGR) and Avaya Aura? Session Manager
(SM) are communicating with each other, and ensure the database in SM is the same as in SMGR.
How would you check this?
A. PuTTY to Avaya Aura? Session Manager and execute st at usapp, and check that all processes are
started.
B. Register an Avaya SIP Telephone(AST) and check to see its feature buttons.
C. Check in the Replica Group with a green "Synchronized"
D. Check in the Replica Group with a green "Session Manager OK".
Answer: D

2.Which statement about the Avaya Aura? Session Manager (SM) license is true?
A. Avaya Aura? Session Manager license will be installed on Avaya Aura? System Manager, and the
Server Host ID is the Server ID of the embedded WebLM Server in Avaya Aura? System Manager.
B. Avaya Aura? Session Manager license Server HostID is the MAC ID of Avaya Aura? Session
Manager.
C. Avaya Aura? Session Manager license will be installing on Avaya Aura? Session Manager, and the
Server Host ID is the Server ID of Avaya Aura? System Manager.
D. Avaya Aura? Session Manager needs no license.
Answer: B

3.What is the Avaya supported method of backing up an Avaya Aura? Session Manager (SM) data base?
A. Perform the backup from an Avaya Aura? System Manager.
B. Connect a Memory Drive into the SM Server with an automatic Backup-making script.
C. Access the SM Command Line Interface (CLI) and perform a Backup manually.
D. Wait for the overnight Backup process to send you a copy of the tar file automatically.
Answer: A

4.During a deployment of Avaya Aura? Session Manager (SM> you notice that SM did not successfully
establish trust with Avaya Aura? System Manager (SMGR), due to an incorrect SMGR IP Address
entered during SDM deployment
Which action needs to be taken to correct the problem?
A. Edit/etc/hosts file on SM using vi editor and reboot SM
B. Edit/etc/hosts file on SM using vi editor and then execute mitTM-f.
C. UseSMGR web GUI to correct the error in SM Administration then reboot SM.
D. Run SMnetSetup.
Answer: A







posted by 猫さん at 17:16| Comment(0) | Avaya勉強資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする